So-net無料ブログ作成
検索選択

鎌倉 長谷 栞庵 大もり 1200円 [日本蕎麦]

鎌倉 長谷 栞庵 大もり 1200円Shiori-Ann.jpg

古都のトレッキングを楽しんだ後に、もし席があれば、、とお店に足を運んでみた。幸いにしてお店はガラガラで、気に入った席に落ち着くことができた。お店は清潔な感じの小さな新しいビルの2階にあり、店内にも清潔感が漂っている。店内に足を運ぶと、なんだか新築のマンションの中にいるようだ。ともあれ、テーブルに腰を落ち着けてお蕎麦を待つ。待つ間に供されたお茶は、残念ながら水出しと思われるお手軽な麦茶?しかしくじけずにそのまま待つ。その後おしぼりと一緒に揚げ蕎麦をサービスしてくださったのだが、これはお酒のつまみになりそうななかなかおいしいものだったので、あっという間に食べてしまった。それでようようお蕎麦が供された。楽しみ楽しみ。角盆にの上はに、ま新しいせいろが乗せられ、細切りでエッジが聞いたお蕎麦がこんもりと盛り付けられている。蕎麦つゆは小さな徳利に入っており、私が好むスタイルだ。薬味は輪切りの新鮮な地物と思われるネギ、大根おろし、きれいに盛り付けられた少量の生わさびであった。これも大変結構。とにかく出されるものすべてに清潔感が漂っているのがいい。

それで細切りのお蕎麦をしげしげと眺める。つやつやと光り輝いているお蕎麦は、上手に調理されていることは疑いようがない。十割という話ではあるが、星は目立たず、穀物っぽい粒粒した印象もない。この時点でお鼻ぺったりクンクンしてみるが、、、、私の愛する栗のような甘い穀物の薫りはほとんど感じられない。残念だ。それで少量手繰ってみると、歯触りものど越しも大変結構なのだが、お蕎麦としての主張がすこし弱いように感じられた。しかしおいしいことはおいしい。次に蕎麦つゆに移ろう。全体に薄い色調の蕎麦つゆは、江戸前とは明らかに異なるしつらえだ。少量すすってみると、かなり強いカツヲの出汁。しかし全体のバランスがいいため、不自然な感じはない。その分醤油感、や塩感が減らされている。これは江戸前とは流儀が違うが、とてもいい蕎麦つゆだ。それでいろいろと割合を変えてお蕎麦を蕎麦つゆにくぐらせて手繰ってみたのだが、お蕎麦がどうも蕎麦つゆに負けてしまっているようだ。もちろんおいしくすべてのお蕎麦を楽しませていただいたのだが、1200円という価格を鑑みると、ちょっとだけ残念感が残った。蕎麦湯は別仕立てのとろりとしたもので、これもまた大変結構でした。結構な運動をしたこともあり、ぶちぶちと文句を言いつつも、機嫌よくすべての蕎麦つゆを堪能して、お店を後にしたオヤジであった。血圧はどうなったんだ?時期的なものかもしれないが、もう少しだけお蕎麦の薫りと味わいが強く表現できればいいな、というのが本日の感想でした。しかしまた伺いたいです。ごちそうさまでした。お向かいのお店でも、お蕎麦を供しておられるとのことなので、チャンスがあればそちらにも足を運んでみたいな。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: