So-net無料ブログ作成
検索選択

広尾 巴屋 もり 大盛  550円! [日本蕎麦]

広尾 巴屋 もり 大盛り  550円!

所用があって広尾を訪れることが増えている。それならお蕎麦のお店を探さなくっちゃあ。それで見つけたのが明治通り沿いのこのお店だ。このあたりでは老舗らしく、家系図のようなものがかけてある。場所が良すぎるのでこのあたりにはランチをリーズナブルに取ることのできる場所があまりないそうで、昼時は混雑するという。午後早い時間に訪問することとなった。幸いにして先客は2名、各々満足そうに蕎麦をすすっておられる。いつものように大盛りをお願いした。

ほどなくしてお蕎麦が供された。木彫りの角盆に塗りのせいろ、蕎麦猪口に蕎麦つゆの入った徳利。小皿にタップリの刻み葱と擦り付けスタイルの粉山葵、、、、。なかなか堂に入ったプレゼンだ。驚いたのがもりの大きさだ。私の巨体を見てもりを大きくしてくれたとか、間違って大目に調理してしまったとかではないだろう。つまり良心的なのだ。そしてお蕎麦それ自体は中細でエッジの立った、長めのお蕎麦であり、機械打ち機械切りであろうことを想像させる。クンクンしてみると、おお、つなぎと思われる小麦の薫りの中に、しっかりとお蕎麦の薫りが漂っているではないか!二八より少なめの割合かな、という印象。日本酒を頼みたくなるが我慢する。蕎麦つゆは、、、と。神田まつやと比較した場合、全体の濃さはかなりシャバ目であり、一体感に欠ける。醤油感が突出しており、甘さをはるかに凌駕している。しかしカツヲ系の出汁はきちんと効いており、独特のバランスで蕎麦つゆを成立させている。発酵系の雰囲気も弱めだ。お蕎麦を少な目にくぐらせることと決め、それからは無我の境地でお蕎麦を手繰った。もりが大きいので手繰りがいがあり、大変幸せな時間を過ごすことができた。ポットに入った蕎麦湯を悠々と三杯楽しんで、大満足でお店を後にしたのであった。この場所でこの値段!古くからやっておられ、お店の土地も建物も持っておられるパターンだろうと思われる。いいお蕎麦屋さんの一つの典型か。お蕎麦それ自体は最高とは言えないかもしれないが、十分おいしい。これは現代の奇跡かも!できれば禁煙が、、、。それは望みすぎか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0