So-net無料ブログ作成

神保町 松翁  ざる 950円? ひさしぶりに堪能した [日本蕎麦]

神保町 松翁  ざる 950円? ひさしぶりに堪能した

旧友と再会した。酒は飲まない約束になっていたのだが、相棒がどうしても一合だけでも呑ませてくれという。私には呑むなという。それはないぜ!と結局一合ずつ呑むこととした。つれづれに、最近のこまごまとした出来事を語り合いながら旧友と日本酒をすする、、、この世にこれ以上の幸せがあるだろうか?

結構シアワセになってしまってから、お蕎麦をお願いした。調子に乗ってざるを二枚ずつお願いした。このお店にはかつて大酒を呑んでいたころに何度もうかがっており、お蕎麦の味なんて覚えていやしないのだが(こんな銘店でなんと失礼な、、、)、大変おいしかった、というより、めちゃめちゃうまかった!というあいまいな記憶だけが残されていた。

その後うんちくだけは増えてゆき、池波正太郎が通い詰めただとかなんとかかんとか、知識だけはため込んだのだが、松翁実体験は増えないままだったので、ちょっとかすみがかった頭ではあったがお蕎麦を真剣にいただいた。

蕎麦つゆは2種類、我々二人とも当然のように濃口をお願いしたのだが、カツオに加えて多少昆布(本当か?)を感じさせる味わい深いものだった。いわゆる江戸風よりすこし”きつくない”仕上がり。白髪ねぎと少量だが生わさびが添えられて、文字通り本物のざるに乗せてお蕎麦が供された。お盆は無し、、、これはなかなか漢らしい。中細で角がきっちりと立った、わずかに緑がかった(酔いのせいかも)男前のお蕎麦で、結構な量のもりで登場。まずいつものようにお鼻をピッタリとつけてクンクン、栗のような、私が大好きな穀物の純粋な薫りを胸いっぱいに吸い込む。これは最近ではベストの蕎麦体験、蕎麦の薫りだ。そしてそのまま数本手繰ってみる。ムチムチとぽくぽくがいい感じに抱き合わせてある仕上がりのお蕎麦で、歯ざわり、舌触り、のど越し、薫りのすべてが高い次元でバランスしている。これはいい、最高だ。そして蕎麦つゆに三分の一ほどくぐらせて、、、、、すごい、お蕎麦と蕎麦つゆが上手な掛け算になっている。夢中でどんどんと手繰り続け、あっという間に2枚のざるをおなかに収めてしまった。鉄瓶?にいれたポタージュ的な蕎麦湯も、いつもながら大変結構でした。脱帽です。蕎麦湯で焼酎を割って呑みたかったが、相棒に制止されてあきらめた。

今度はお酒なしでうかがうことにしよう。多分そのほうがよりお蕎麦を楽しめるのではないか?

良い;神保町というよりは自分的には御茶ノ水にある銘店の一つ。昔からやっているお蕎麦屋さんだと認識しているが、現在のご亭主は脱サラしてからお蕎麦を始めた伝説の蕎麦職人と聞いている。神保町方面の頭のよさそうな人と頑固そうな蕎麦好きの老人たちが集っている印象がある。なにも変えないでほしい。特にお蕎麦のもりが良いのがグルマンである私にはありがたい。現状でパーソナルベストお蕎麦屋さん。

もっと良くなる;ずっとこのままであってほしい
また行く?;何度でもYes
総評;神保町にある、泣く子も黙る銘店。知らないと見つけるのが難しい。
トイレ;なかなか清潔
駐車場:多分ないと思う。車で行ったらお酒が飲めないではないですか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ND 新しいRoadsterに試乗してみた [クルマ]

ND 新しいRoadsterに試乗してみた

いろいろと考えた末に、NDに試乗してきた。Honda好きの方、裏切り者と呼ばないでほしい。私もずいぶん迷ったのだ。NDを買ってしまいそうだったから。地元で、応対が親切でしかも工場が清潔、信頼できそうなディーラーだった。突然飛び込みで行ったのだが、興味を持っているLSDがついているモデルが試乗可能だという。しめしめ、今日はついているぞ、、、、。それで早速試乗をお願いした。出していただいたCoffeeはなかなかおいしかった。オネイサンも感じがよかった。しかしそれよりも俺はクルマを見に来たんだ、クルマを見せてくれ、早くはやくハヤク!

このディーラーは、客が乗ってきた車を丁寧に扱ってくれるのでいつも安心しているのだが、今日はワゴンに乗ってきた家族連れの子供が俺のクルマをペンペンしている。羽がついているので珍しいのだろう。何とかならないものかこういうガキは、、、。親のバカ面にさらに腹がたつ。睨みを利かせて彼奴らを蹴散らしてから、悠々と試乗を。

やはりNDは小さなうずくまった小動物のようで小さい、低い。塊感があってなかなかヨイ。ドアをガバリとあけて、、、2ドアなので大きなドアが大きく開く。何も考えないでドアを開けると隣の車にパンチを食らわせることは必定だ。くわばらくわばら、、、それでさっそく乗り込んでみる。よっこいしょ、、、と、、、。お尻を入れ、次にサイドシルに手をかけてくるりと下半身を回転してシートに身を沈める。定石通りだ。シートは快適だが、やはりサイドのサポートは甘めだ。ハンドルはテレスコ無しなのでベストなポジションをとることはできないが許容範囲。ペダルは右にオフセットされている感覚だ。まあ慣れることができるレベルかな?そして天井は、、、、恐る恐る幌を占めてみる。これは素晴らしい出来で、軽快に動くので耐久性にやや不安を感じたが、聞いた通り、本当に片手で楽々開閉できる。幌を閉じて天井を仰いでみると、、、そうすると、、、やはり髪の毛をこすりつける感じになってしまった。かつてNCを、巨大な私は首を縦にすることができないのであきらめたという経緯があるのだが、数センチ天井が高くなったというNDでもやはり駄目のようだ。残念だ。一瞬涙目になってしまう。それでも幌を解放すれば天井は無限遠だ。気を取り直して試乗に向かった。マツダの方は、外国でも同じサイズで売っているんです!というが、私は大和民族、私の身長のほとんどは、胴と首で稼いでおり、座るとさらに巨大になるのだ。足が長く頭が小さい白人と同じにしないでほしい。座高3桁のオレをなめてはいけないよ、、、、それはまあいいか。だんだん悲しくなってきた。

この車はグリンハウスがすごく小さい。フロントミッドシップにするためにエンジンやミッションの大きな部品がバルクヘッドをおそらく多少超えて車内に入り込んでいるので、センタートンネルも小さいとは言えない。なんだか前に行くほどもっこりとしている。しかしそれと引き換えに、心地よい包まれ感とスポーツカーらしい乗車感覚が手に入るのだろう。私の乗っているFDとは、根本的に異なった乗車感覚だ。包まれ感と同時に、地上を這っている感じは独特で心地よい。スポーツカーらしく、お尻がかなり地上から近い位置に感じられる。

走り出してみる。自分自身が深く沈み込んでいるので、ボンネットがよく見える。左右の峰が美しいカーブを描くと同時に、車幅を正確に教えてくれる。サイドミラーは後退しており、格好いいけれど少し見ずらいかも。伝統的な砲丸のような形をしている。

慣れていないので、ペダルの感覚もシフトレバーの感触もすごく新鮮だ。シフトはスコスコとは決まらず、ややかちゃかちゃとした印象。シフト感覚は専門家には“吸い込まれるよう”と形容されているようだが、距離を重ねてスピードを乗せればそういった感じになるのかもしれない。しかし今のままでも悪くない。ミッションの剛性感はあまりない印象。あくまでも比較の対象はFD2だから。それで路上に出て、期待より数段上の乗り心地の良さと軽快感を楽しみながら、右に左に車をゆすってみる、、、、と、、、クルマが簡単にふわりとロールする。ちょっとびっくりする。ロールを積極的に乗車感覚に取り入れているのだろうか。そう感じた。それでそのままコーナーを曲がってゆくと、斜めになったままくるりと輪を描くようにコーナーを抜けていく。確かに気持ちがいい。速度を増してもこの感覚はかわらない。個人的には、ロールし始める時の速度が自分の感覚と合わないのでちょっと怖かった。慣れの問題だろうけれども。そうではあるが、低速で走っていても、俺は走っているぜ!という満足感が得られるのはなかなか”いい”と思った。

エンジン音はそれなり。1500CCと聞いているが、力不足は感じさせないエンジンだった。回して楽しい、という印象はないがこの車に楽しく乗る、という目的は十分に達成されているように思った。音を故意に室内に導くシステムはオプションとのことで、確かにそのほうが望ましい。走り以外のコストは、それを手に入れたい人だけが払えばいいのだ。室内の仕上げや装備もそれなりで、高級ではないが私にとっては過不足のないものだった。

短時間の試乗の印象としては、なかなか素晴らしいクルマで、人を乗せたりものを運んだりする必要のない人にとっては買って損はないと思った。その気になればものも人も乗せられる、乗用車に手を加えたクルマとは成り立ちからして全く異なっているということは、乗ってみればすぐにわかる。

マツダスピードからより低く乗ることのできるバケットシートが出た時点でもう一度、NDを購入するかどうか考えてみようと思う。しかしそれにしても、我がFD2は素晴らしい車で、良いタイミングで手に入ったものだ、と、より愛着が増してしまった。マツダのディーラーの人たちもFD2を見て結構喜んでくれて、”いいクルマですねー、売りに出せばすぐに売れますよー”なんて言われてちょっとうれしかった。でも売らないよ。

おそらく今お世話になっているメカさんが健在であれば、HondaのFD2に乗り続けるのだろうな、と思った。それにしてもなかなかいい一日だった。NDは、私のような素人でさえ、滔々と語りたくなってしまうようないいクルマだった。マツダ、やっぱり頑張っている。マツダ、素晴らしい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

The Ultimate Single Guitar Amp 1 [音楽]

The Ultimate Single Guitar Amp 1

しばらく前に、もうアンプは作りませんと宣言している。
私は最近倉庫をあさって、これ以後の人生に必要なさそうなものを盛んに処分しているのだが、その際に
困ったものを目にしてしまった。それがこれだ。

Single Amp.jpg

これは、まだ知識も技術も伴わないころに、結構高級なパーツを集めて、気負って、完全コピーではなく、独自の音を目指したギターアンプを作って敗北して放置してあったものだ。頑張って加工して、きれいに組み上げたのだが、結局まともな音がするアンプにまとめ上げることができずバンザイしてしまった。それをこのまま放置することはできないので、家に持って帰ってきた。その話をのんびりと書いてみようと思う。

上記の写真は、じつはもうすでにまともな音が出るようになった状態のものだ。
アルミとガラスと、黒いプラスチックのコントラストが美しいと思いませんか?


to be continued




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

某マニアックなパーツ屋さん [雑文]

某マニアックなパーツ屋さん

最近できるだけ控えるようにしているのだが、電子部品の魅力に取りつかれている。
使いもしないパーツを眺め、なんだかその機能美に魅入られてしまい、ついついお財布を開いてしまうといいうことをずいぶん繰り返してきた。

秋葉原、大阪、名古屋など、都会にはいろんなパーツ屋さんがあるのだが、音楽に特化したパーツを扱う店が大好きだ。いつもお世話になり、ありがたいと思っている。ではあるのだが、最近そのうちの一か所で大変不愉快な思いをした。常連のお客さんとバイトさんがお話をしていたのをついつい聞いてしまったのだが、”値段は適当に、ちょっと高めにつけている””誰も文句を言う人はいない”というのだ。

実際に抵抗などの細かいパーツを買ってみたのだが、確かに、同じようなパーツで一番高いものとして計算しているようだ。ちょっとむかついたので、レシート頂戴、とおねがいてみたら、領収書は出せるけれどレシートは出せない、と睨まれてしまった。

10円とか100円とかが基本になっている商売なのだから、細かいお金を大切にしてほしいものだ、と強く思った。このお店に行くのをやめようとは思わない。事態の推移を見守ろうと思う。
何も変わらない可能性が高いけれども。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感