So-net無料ブログ作成

日本橋 吉田 ざる大もり 810円 [日本蕎麦]

2016年6月 日本橋 吉田 ざる大もり 810円
Yoshida.jpg
日本橋をてくてくと歩いていると、よさそうなお蕎麦屋さんが。ここはお江戸日本橋だ、悪かろう筈がない、と、ちょっと迷った末に入ってみた。神田に行くつもりだったのだが、日本橋というのも面白そうだ。ここにしてみよう。

中央通り沿いの自社ビル的な建物の1-2階で、お蕎麦屋さんを営んでおられる。カラリとあく和風の自動ドアは、なかなかいい雰囲気だ。それでいつものざる大もりをお願いした。一緒にお願いしたのはやはり冷の日本酒、例によっておつまみはなしだ。ちょっそ寂しいが決めたことなので仕方がない。

ほどなく蕎麦猪口の上に使い込まれた小皿、やや多めのさらし葱に生と思われる山葵が少量。おそらく繁盛しているお店なのだろう。そりゃそうだ、三越の向いにあるお蕎麦屋さんなのだ。まあそれはいい。蕎麦つゆは、神田から徒歩圏内ということで、やはり江戸前のしつらえ。私が基準にしているまつやよりも神田藪に似ているか?藪のものをすこしカツヲ系の出汁で伸ばして醤油の酵母っぽさを利かせた感じ。甘さをあまり感じさせない、なかなかいい蕎麦つゆだ。お隣にカツヲ節やさんがあるので期待したのだが、それを裏切らないしっかりとした蕎麦つゆだ。白鹿をすすりながらお蕎麦を待つ。すると小ぶりの角盆に割り箸とともに使い込まれたせいろが乗せられ、お待ちかねのお蕎麦が供された。海苔は当然だがなし、盛りの量はそこそこだ。ややエッジの丸い二八、もしくは三七くらいと思われる、見た目はつなぎが目立つお蕎麦。お蕎麦は比較的長いが、中細でやや幅が広く、お蕎麦の幅がややそろわない。星はほとんど舞っていない。機械が活躍しているのかな?少量手繰ってみると、つなぎの薫りとともにきちんとお蕎麦の薫りが楽しめる。しかし栗のような穀物のかぐわしさを思わせる濃厚さはない。表面はややざらりとしているが、むっちり感があって歯触りとのど越しは良好。蕎麦つゆとの相性はとてもいい。お蕎麦を蕎麦つゆに半分弱ほどくぐらせて、おいしくいただいた。

別仕立てと思われる湯桶に入った蕎麦湯も、完ぺきなタイミングで供され、私の蕎麦時間はまったりと過ぎていったのだった。ごちそうさまでした。

良い; 東京のど真ん中、一等地にある、気楽に入れるお蕎麦やさん。値段もロケーションを考えれば良心的かも。夜間は蕎麦好き酒好きののオヤジたちでものすごく繁盛しているのではないか?
もっと良くなる;ちょっと猫っぽい匂いがすることと、おかみさんの芸術的なマニキュアが、、、、。ともあれ、最高のロケーションにあるお蕎麦屋さんだ。文句言って済みません。我が心のオアシスであるすべてのお蕎麦屋さんに頑張ってほしいのです、、、。
また行く?;Probably
総評;日本橋の大通り沿いにある、由緒ありげなお蕎麦やさん。気楽に入って一杯やりながらお蕎麦を楽しみたい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Kutu 1 [雑文]

Kutu 1

歩くことが好きだ。歩くための靴が好きだ。それで選んだのがこいつだ。亡くなった植村直巳が履いていたという登山靴を作っている職人の店Goroで数年前に出会った。休みを取ってGoroをのぞいてみると、なんだか山マニアな人たちが集う小ぶりなお店のようだった。しかしお年寄りなども交じっており、あまり広くはなく雑然としてはいるがなかなかいい雰囲気の空間だ。そこで相談してみると、まずは足の型をとってくれるという。いい味を出したオジサンと、その奥様らしいオバサン、いや、ここはオネイサマと言うべきだろう。このオネイサマが丁寧に型をとってくださり、いろいろ歩き方に関するお話をしてくださった。それでこのお店が気に入った。信じてもいいような気になった。

私の足は身長と比べてやや小さめであること、足の幅が細い事、歩き方は悪くない事、今まで足に合わない靴を履き続けてきたこと、、、様々なことを教わり、たいへん勉強になった。それで手に入れた靴がこれだ。Goro.jpgGoro伝統のチロリアンシューズ。これはかっこいい。一目ぼれだ。機能美というやつを体現しているような靴だ。Goroは登山靴屋さんであるからして、基本のつくりは登山靴なのだろうとおもわれる。ビブラムの靴底にごつくて質のよい皮。内貼りは水牛の皮?手書きで私の名前が書いてあったりしていい味が出ている。手作りだけあって微妙な狂いがあったり、左右が完全に対象でなかったりするのだが、履きならして自分のものにする、といったタイプの靴なのだろう。こいつをずいぶん気に入って、手入れしながら愛用したものだ。しかし靴底にまったくクッションらしきものが入っていないため、こいつと一緒に長距離を歩くと腰にくる。また、親指の付け根が痛み、炎症を起こしてしまうようなこともあった。家人はそんな私を見て飽きれはて、体に悪いのでこの靴をあきらめろという。しかし茶色と黒の二色を手に入れれば、私の場合は日常の全ての用が足りてしまう。なんとかこいつらを履きこなしたい。それで足が血まみれになったり、豆だらけになったりした。

なかなかあきらめきれず、クリームで柔らかくしたり、ブラシをかけたり、革の手入れや靴下選びまでいろいろと手間暇お金、さらには頭を使ってみた。体重を減らせば問題は解決するかもしれないが、なかなかうまくいかない。いろいろやってはみたが、それでも長距離を歩くと疲れてしまう。履きたい靴、しかも自分の足にあつらえたオーダーメイドのお気に入りの靴があるというのにそれを履けないなんて、なんと不幸なことだろう。それでもこいつを磨き上げ、あきらめきれずに下駄箱に飾ってある。

何とか私の足に合う、お気に入りの靴を手に入れられないものか。暫く頭を冷やすこととし、買いためてある古い靴を履いていた。

私はどんな靴が欲しいんだろう?つらつらと考えてみた。良質の皮で作った、丈夫で機能的な靴。国産が望ましく、ブランド性は必要ない。修理が効くものがいい。つまりバイクでいうとスーパーカブのようなやつだ。機能を突き詰めると美にたどり着いた、というような。

それで最近手に入れたのがこれだ。Mizno.jpgMizno OD Special Semi-Order 最初の印象は、失礼だが“なんて醜い靴なんだ”というものだった。申し訳ないはしかたがない。それでは細部をみてみよう。

日本製の靴らしく上質に見えるが薄い皮、それを裏打ちする布。よくみると厚めの皮と薄めの皮を、場所によって使い分け、組み合わせてアッパーを作ってあるようだ。靴ひもにも洗練された工夫がしてあり、歩きやすいと共に脱ぎ履きがしやすい工夫がなされている。やっぱり日本製なんだなあ。細かいところに気をつかってある。靴底は柔らかそうな硬質ゴム?靴底には見たこともないような不規則なパターンが刻まれている。よくみるとかかとの部分は塊ではなく、なんというか“す“が入ったように穴が開いている。Mizno Wave?とよばれる歩きやすくする技術が導入されいているという。しかしいまひとつ理解しにくい。なんだかMazdaのSky Activeのような感じだ。それ以外にも歩くための様々な工夫が施されているようで、Semi Orderだけあって左右異なるサイズや異なる足幅に対応しているのだという。また、目立たないことだが、足が蒸れないように靴底にたくさんの穴もあけられている。そんな風に細部を観察していると、あら不思議、間違っても格好良くは見えず、残念だが高級そうにも見えないこの靴がだんだん気に入ってきた。眺めているうちに、かっこよく見えてきた。ほしくなってしまった。アシックスの靴も考えてみたのだが、最近この会社はおしゃれになりつつあるようなので、今回は質実剛健ブランド性皆無、といった個人的な印象に基づいてミズノを選択した。さて、こいつはどれくらいスーパーカブに迫ることが出来るだろうか?

この靴を購入した際は、ミズノの基幹店?のようなところまで足を運んだ。すると運の良いことに、シューズの専門家がお店におられ、予約していないのに私の足の計測と、有償だが中敷きによる靴のフィッティングをしてくださるという。比較的年若いこの男性は、アスリートのケアなどもしている方らしく、迷いなく様々な質問や計測を重ね、着々と中敷きを仕上げていく。なんだか特殊なゴムのような素材をきびきびと切り取り、丸くしたり三角にしたり、ハサミを駆使して自在に形を整え、そいつを靴の中にしきこんで、靴を履いて歩いてみろという。そうしてみるとびっくりだ。左右の足のバランスが微妙に変わり、左足のいつもの痛みがすっと消え、歩くたびに土踏まずに僅かなマッサージ感。これは気持ちがいい。いつまでも歩いていたいような体にぴったりの私の為だけの靴が出来上がった。しかもたいして時間はかからない。こいつは間違いなくプロの仕事だ。しかもしばらく歩きこんで、状態が変わったら微調整を無料でしてくださるという。なんという日本的なサービス。スバラシイ!やっぱり日本がサイコウだ。

この靴がだんだんカブに見えてきた。
しばらくこいつと一緒に町中を歩き回ってみようと思っている。

チロリアンもあきらめないぞ!

タグ: MIZNO GORO
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本のクルマを買ったよ ‐カマを掘られた11‐ 事故処理にもめている

日本のクルマを買ったよ ‐カマを掘られた11‐
事故処理にもめている

クルマの修理はディーラーや保険屋さんと話し合いながら進めているが、なかなか終わりにならない。先方の言い分に頭に来ることが多い。元に戻してくれればそれでいいのだが。もめている。

怪我の問題は、今のところ適切に対処してもらっているが、加害者側に若干問題がある。加害者というのがまた、、、。こちらも話がスムースに流れない。状況によってはここで詳細に報告するので、お手すきな方はご注目を。

タグ:事故 FD2
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

天寿 純米生酒 [日本酒]

11月21日
天寿 純米生酒 4合瓶 1365円 天寿酒造

さわやかな薫り、程よい米の味わい、まとまりがよく、口当たりもやさしい、そよ風のようなお酒だ。かといって、薫りだけのお酒ではなく、十分な奥行きもある。派手ではないが内容が濃いので、長く付き合うとするめのように良さがわかってくる。大好きだ。最近何を呑むか迷ったときは、このお酒を手にすることが多い。一度封を切ってしまうと、ついつい一瓶飲みきってしまう。しかし深酔いしてしまうのはもったいない。これを呑む時は、肴はいらない。このお酒の味と薫りに向き合って、自分の内側に向かって話しかける。呑み飽きることが無い。忙しい毎日の句読点に是非。蔵元の方は、”柔らかで香り高い透明感のある酒質を目指します”とおっしゃっているようだが、その目標は十二分に達成されている。素晴らしい。このままの値段と品質を是非保って欲しい。いつもありがとうございます。

また呑む?:Yes
印象    :秋田県のお酒。秋田に銘酒は多々ある。その中でこの蔵元がどのような位置づけてあるのか詳しくは知らないが、良心的なお酒を造る蔵元であることは間違いない。本当に美味しい。


12月4日 
天寿 純米生酒 一升瓶 2,678円 天寿酒造
一升瓶で買ってみた。この方が男らしくて好きだ。しかし冷蔵庫のなかで収まりが悪く、家人の評判が悪い。呑んでみると、あたりまえだがやはり旨い。一度に沢山呑むと、徐々に苦く感じられるようになるのが面白い。冷やしすぎないこと。本当に美味しい。今の自分に一番ぴったりくるお酒かもしれない。

平成25年5月30日
故あって久しぶりに呑む。久しぶりなので味覚が若干変わってしまったようだが、このお酒の印象は変わらない。鮮烈でさわやか、みずみずしい。やはり素晴らしい。お勧めだ。

2016年5月 米から育てた純米生酒 一升 2862円

久しぶりにこいつを入手してじっくりと味わった。いつもどおりの胸のすくような吟醸香を楽しむ。やはりこれはサイコウだとおもう。しかし今年の酒はやや舌触りが重く、苦味が残る。まあこれは好みの問題で、十二分にうまい酒なのだが、やはり天寿はすっきり爽やかでコクもそこそこ、というようであってほしい。苦みとかひねとかは、合わないように思うのだ。信頼しているお酒屋さんによれば、樽のロットと時期の問題で、舌に苦味が残るのだという。彼はわかっているのだ。わかって売っているのだ。それならあらかじめ教えてくれたったいいのに。そもあれ、苦味は苦味として、今年の天寿を全身で味わっている。やはりこれはいい酒だと思う。次のロットは私が好きないつもの天寿の味わいだというので、、、どうしようか?

2016年6月 天寿 雪室氷点熟成純米生酒 720ml 1404円

私が頼りにしているお酒屋さんによれば、天寿が新ロットになったらしい。それでいつもの“さわやかな”天寿を味わおうと、前述の酒屋さんに向かったのだが、あいにく私の欲しい天寿は一升瓶しかないという。これは困った。最近一升瓶を買って帰ると山の神がご機嫌麗しくないのだ。それで天寿をあきらめて米鶴を探した、、、のだが、、、やはり一升瓶しかない。個人的には一升瓶を愛しているのだが、神は敬うべきものだ。仕方がない。四合瓶でいくしかない。

それで、お店の番をしているおばちゃんの冷たい視線を浴びながら(どうして一升瓶を買わないの、金○ついてないの?呑みたいもんを呑みなさいよ!)、こいつを見つけた。面白そうだ、試してみよう。

帰宅して早速封を切ってみると、いつものすがすがしい天寿の薫りだ。ほっとする。少量すすってみると、、、私のお鼻は“確かに天寿だ”というが、私の舌と喉は、“いつものじゃないぜ”と訴える。なんといったらいいのか、最近コンビニで手に入るほど人気がある、真澄の吟醸生酒のような、僅かな“厳しさ”を感じさせるのだ。雪室氷点熟成によって大人っぽいまとまりのあるお酒に成長することは私にも理解できた、、、のだが、私が個人的に天寿に期待するのは、何よりも“爽やかさ”であり、その次にようやく“ほどほどのコクと味わい”なのだ。十人十色とはよく言ったものだが、私はそう思い、そう期待している。ともあれ、たった四合のお付き合いではあるが、この“雪室氷点熟成”というやつをじっくりと味わってみよう。人生一期一会だ。なんのかんのいっても、私は天寿が大好きだ、ということを再確認した夕べであった。



2016年6月 天寿 夏季限定 純米吟醸 720ml 1458円
Tenjyu Kakigentei.jpg
暫く呑まずにいたのだが、ふらりといつものお酒屋さんに立ち寄ったところ、こいつがあるという。“今年の天寿は苦みがあるからいつもと違う”と言ってみたところ、“最後になるまで苦みが出ない”“ふわりとしたいつもの花の薫り”“アルコール少なめに設定”などといわれ、気乗りがしなかったのだが、このラベルを見たら買うしかないだろう。それで手に入れた。だって日本酒にひまわりだよひまわり。よく見てチョーダイ。

ウキウキしながら帰宅して早速すすってみると、、、。
確かにいつもの天寿の爽やかな薫りだ!花のような、突き抜けるような華やかさとさわやかさだ。さて、じっくりと吟味してみると、、、。ちょっと薄め、コクがいつもよりもさらに少なめだ。アルコール抑え目というが、さっぱりとした味わいがむしろアルコールを感じさせる仕上がりになっている。もっと冷やせばいいのかもしれない。でも日本酒だしなー。喉を降りていった後の残り香、というか残り味は、、、、やっぱり少し苦いかな?むむー。今年の天寿はどれを呑んでも後味に少し苦みを残すように醸してあるようだ。統一感を感じさせるためなのかそうなのか?まあこれはこれでいい。好みの問題で私も結構好きだ。たしかにこれでいいのだが、去年までのやつも復活希望、、、かな?ごちそうさまでした。

次は原点に戻って福祝を味わってみようと思う。
黒松剣菱でもいいかも?(詳細後述)

タグ:日本酒 天寿
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

日本のクルマを買ったよ ‐カマを掘られた⒓‐シートがおかしい [クルマ]

日本のクルマを買ったよ ‐カマを掘られた⒓‐
シートがおかしい
Bride.jpg

追突されたときに、ショックで一瞬記憶を失ったようなのだが、気が付くとシートバックが倒れていた。それ以来シートの調子がおかしい。どこかが曲がった、もしくは壊れてしまったらしく、スピードを出すとヒョコヒョコ斜めに揺れるようになってしまったのだ。これは恐ろしい。醜くつぶれてしまった愛しい我がFD2の後ろ(お尻)はHondaで直してもらったのだが、保険屋は言を左右してシートを直そうとしない。なぜだ!元に戻せ!

だから走ると怖くて仕方がない。スピードを出す気にならず困っている。高速道路を70㌔で走って周りのクルマに怒られたりしている。

保険屋さんもディーラもシートには”問題がない”という。どうせ他人事?お前らが乗ってみろバカヤロウ!
とにかくこの椅子にはとても自分の命を預ける気にならないため、新品への交換を要求しているのだが、埒が明かない。見積もりをさせてみるとシートというのはかなり高価な部品で、FD2の運転席の場合、20万を超えるのだという。工賃を含めるとものすごい金額になりそうだ。

我が信頼するメカ氏は、頸と腰を痛めて何か月も苦しんでいる私に親切にもフルバケを勧めてくれた。そのほうが体が楽なのだという。マジか!そんな馬鹿な!フルバケが腰にやさしいなんて、、、、本当なのか?そうなのか?しかもお値段は純正のものよりもはるかに安いという。そんなことがあっていいものか。しかし調べてみると本当だ。FD2の純正シートは確かに結構いいもので、自社開発のレカロっぽいセミバケになっている。十分な性能を持つシートであることは確かであると思うのだが、オタク御用達のフルバケのほうが全然安いなんて、、、。私は通勤にFD2を使わざるを得ないため、少しでも早く、安心して乗れて、傷む腰にやさしい車に仕上げたい。メカ氏を信じて導入を決定するしかあるまい。各方面に話をつけ、さっそくフルバケを探しに出かけた。いろんなものがあるのね。

私が求めているシートは、
1.国産
2.ブランド無視
3.機能第一
4.機能が煮詰まって美しいといえるレベルに達している
ものなのだが、不幸にしてこの方面には疎い。それでメカ氏に推薦してもらい、結局Brideのフルバケを選択することにした。だってRecaroというブランドにお金を払うのはなんか間違っているような気がするのだ。

それで、無理やり時間をひねり出し、数か所のお店に自分の”お尻”をもっていって座ってみた。私は胴は長いがあまり太っていないという評価に落ち着き、結局こいつをゲットすることにした。こいつをインストールすることで、私の腰痛は改善に向かうのだろうか?乞うご期待である。

FD2でやれるだけやり、つまり乗れるだけ乗り、その後はメルセデスにでもしてクルマ人生を終えようかと考えていたのだが、今回の事故で気が変わった。徹底的に手を入れて(基本ノーマル至上主義ではあるのだが)、FD2でいくところまでいってみようと思う。このクルマはまだ”たった”7万㌔しか走っていないのだ。まだまだいける筈だ。

この間、職場でイギリスで作られた旧いCivic Type Rを目にした。白髪のジーちゃんが奥さんと思われる女性を隣にのせ、まったりとCivicをコロガシており、メチャメチャかっこよかった。チャンピオンシップホワイトに塗られたそのクルマの程度は極上で、おそらくずいぶん大事にされてきたのだと思う。自分もそんなジジイになりたいと思った。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

萩の露 特別純米 4合瓶 1296円 福井弥平商店 [日本酒]

2016年6月
萩の露 特別純米 4合瓶 1296円 福井弥平商店

いつものお酒屋さんにお任せで選んでもらった。最近は、彼の“売りたいお酒”を買わせてもらうことにしている。お酒の品質は、ある程度以上のものであれば全て呑み手の好みであるから、これでいいのだ。いろいろなところに行ってみたい、というのと同じだ。

封を切ってみる。古風なお酒の薫りが一面に漂う。味を試す前から、酸味を感じさせるような薫りが。純白のぐい飲みに少量注いでみると、期待通りにやや黄色みがかったとろりとしたお酒だ。少量すすってみると、ずいぶんと濃い印象。やはり若干の酸味を感じさせる伝統的な日本酒のスタイルに近いお酒なのか?日本酒のエキスのようにも感じられた。ゆっくりと喉を降りていくお酒が、それなりに強い味と香りを残し、なんだか年季の入った日本酒呑みになったような気分だ。もしくは、昔にタイムスリップしたような気がするというか。ゆっくりと少しずつこのお酒を味わったが、味も香りも“濃い”ので、いつものように大量に呑まなくても満足できる。しかしこのお酒の酔い方は独特で、沢山呑むと翌朝大変なことになりそうだ。古き善き日本を彷彿とさせるような、私的には日本酒らしい日本酒だと思う。オジサンはこういうのも好きだな、と。

また呑む?:Yes
印象    :滋賀県にあるという酒蔵のホームページには「程よい吟香と透明感のある柔らかな旨味が特徴」と書かれているようだが、個人的にはそれよりももっとガッツリとしたところのあるお酒だとおもった。人が手間暇をかけて丁寧につくっている、といった印象。好みにはいろいろあるだろうが、いいお酒であることは間違いない。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理