So-net無料ブログ作成
検索選択

Jazzy Tele –Head1- [音楽]

Jazzy Tele –Head1-
Head Top.jpg
人生一度きりだ、とよく口にする先輩がいる。“人生一度きりなんだから、そんなに嫌ならやめればいいですよ”なんていうふうに使うのだが、耳にするとグッとくる。そうこうするうちに、自分もそんな風に考えるようになった。“人生一度きりなんだから、やりたいことをやろう、弾きたい楽器を弾こう”と言った具合だ。話の展開はやや強引なのだが、今後手を入れながらでもずっと弾いていく楽器を厳選しつつある、というか手もちの楽器の本数を実際に減らしている。私の自由時間は有限なのだから、本当に気に入った楽器だけと過ごしたいのだ。私の手元にある全ての楽器はそれなりに見どころのある人たち?なのだが、彼らのすべてと十分に付き合う時間が私に許されているわけではない。だから涙を呑んで少数の楽器以外は手放そうというわけだ。流行っていた断捨離?というやつと似ているのかもしれないがそれはまあどうでもいい。それで、まずこの楽器を残すことに決めた。いろいろと手をかけた楽器なので、書きたいことがたくさんある。暇な人だけ付き合っていただけると幸いだ。
Head Back.jpg
Jazzy Teleと勝手に名前を付けたこの楽器は、私が欲しいと考えているエレキギターそのものだ。電気回路的に詰め切れていない部分もないわけではないが、少なくとも木部の選択とか加工とか、文句のつけようのない仕上がりだ。上から下まで、順番に見ていこうと思う。この楽器はずいぶん前、私がアメリカにいたころに計画を立て、パーツを集め、手を付け始め、結局日本に戻ってきてから仕上げたものになる。

ネックはUSACGにお願いした。今回紹介するヘッドの形は、70年代のストラトをモチーフにしたUSA3というタイプで、その造形を、個人的には大変美しいと感じている。いわゆるクローシャンヘッドという範疇に属する形なのだと思うが、機械で削った後に人の手が多少入っているようで、何とも言えないいい味を出している。ヘッドにはUSACGのTommyがサービスでロゴを入れてくれてあるのだが、これはレーザーで木部を切り出したあとにアクリルを充填し、その上から塗装をしてあるとのこと。Headからナット付近に向かって収束していく曲線が美しいと思う。蛇足だが、Tommyのサービスは秀逸で、メールで足りなければ、少なくとも当時は、電話で応対してくれた。いまはどうなっているだろう。当時のままだといいのだけれど。

まず、塗装の話から入ろうか。Headにはペグを取り付けるための穴があけられており、ネックを塗装する際にはこの穴に針金のようなものを通し、ぶら下げて作業するわけなのだが、作業の都合でこの針金付近の塗装が乱れることが多い。このネックも例外ではなく、仕上がって納品されたときにはブッシュをはめるあたりが、塗装が一部はがれた、というかへこんだようになっていた。これにクレームをつけるのは間違っている。だってブッシュを打ち込めば闘争の乱れは隠れてしまうわけだから。しかしこのギターをアセンブルした際の私は気合が入っていたので、やらなくてもいい塗装の乱れを直し、ラッカーで充填してサンドペーパーで均す作業を何度も繰り返し、少なくとも外面からは塗装の問題がないように仕上げた。そのあとに初めてブッシュを打ち込むことにしたわけだ。我ながら偏執的だと思うが、こだわりがないなら自分で楽器を組み上げる意味がない。それで徹底的に自分ができることをやった。

このネックの主材には、Tommyの勧めに従って(”あんまり派手な木目は選ばないほうがいいよ”)、ごてごてとしていない、軽めの木目が出たバーズアイメイプルを選んであるため、シンプルな木目の剤と比べて強度が劣る筈で、経年変化で歪んだり、曲がったり、ブッシュが緩んで来たり、という変化を覚悟していたのだが、ブッシュを打ち込んだのち数年たっているが、ブッシュが動いたり、傾いたりすることが全くない。材の選択はやはりUSACGだけあって間違いがないようだ。このあたり、おそらく同業他社の追随を許さない部分なのだと思う。高価な楽器でも、長年の経過の中で木部が縮んでブッシュが回ってしまうようなことは頻繁に見受けられるのだ。
Head Back and Grip.jpg
というわけで、このページを覗いてくださった皆様には、私のJazzyTeleのHeadの造形をしばし楽しんでいただければ、と思う。目の肥えた方であれば、幾つかの問題が目に付くだろうけれど。次回、しつこいがもう一度Headについて書いてみようと思う。しかしこんな記事を読んでくれる人がいるのだろうか、、、。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

千代寿『「豊国」純米生原酒』千代寿虎屋 720ml 1512円 [日本酒]

千代寿『「豊国」純米生原酒』千代寿虎屋 720ml 1512円
Chiyokotobuki-Toraya.jpg
いつものお酒屋さんに行って“なんかありませんか?”と気軽に。まだ若いご亭主が仕事の手を休めて選んでくれたのがこれだ。復古米「豊国」を使った古くからある山形の酒蔵のお酒のようだ。これは間違いようがない。封を切るのが楽しみだ。

まずは薫りを楽しんでみる。フルーティではあるが腰の強い薫りであり、揮発性の、はかない感じはあまりない。漢らしいさわやかさというか。すすってみると、濃厚な中にも爽やかさが。酸味はあまり感じさせない。だから知らない間に盃がどんどん空いてしまうのだが、大量に呑まなくても満足できるだけのきめ細やかさ、また、矛盾するようだが同時に”重さ”をもっている。夏に呑むお酒として、個人的には大変気に入った。がぶがぶ呑まなくってもオッケーなので、オジサンの体に優しいかも。ラベルも大変結構だ。

夏なのでさわやかな軽いお酒を期待したのだが、生原酒だけあってなかなかに濃厚だ。しかしそれでも爽やかさを失っていないところが素晴らしい。アルコール分もけっこう高めな印象。新潟の缶で買える銘酒、菊水を思い出した、、、といったら失礼なのかもしれないが(菊水大好きなのです)。しかしこのジャンルは自分の得意科目のような気がしている。

いつもお世話になっている酒屋のご亭主のおかげで、いいお酒を楽しみ、ゆったりとしたひと時を過ごすことができた。ありがたい、ありがたい。今後とも、よろしくお願いしたい、、、(独り言)。

また呑む?:Yes
印象    :山形県にあるという酒蔵、千代寿虎屋の伝統と技術によって醸されているお酒。しかも復古米「豊国」を使っているとのこと。ホームページに掲げられた、“食品を作る者の4原則”というのがスバラシイ。大変気に入りました。
• 1 原料の厳選
• 2 加工段階の純正
• 3 一徹で時代環境に曲げられない企業姿勢
• 4 消費者との関係重視
機会があればまた呑ませていただきたい。しかし蔵元のお名前がこんなに長いのはナゼ?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Jazzy Tele -Head 2- [音楽]

Jazzy Tele -Head 2-Head Side.jpg

いろいろとやることがあって遊んでいられない。このギターのヘッドにはいろいろなノウハウが詰まっている。実はいくつかのの失敗も隠されているのだ。てれてれと報告してみる。まずはこれだ。GotohのSD510H.A.P.-M。Fender系のギターを実際にいじってみるとわかるのだが、高音弦がナットから遠くなるため、ナットからペグに至る弦の角度が浅くなり、結果として弦にテンションがかからず、ナットから簡単に外れてしまう。Leo Fenderは、この問題を認識してシンプルな方法で解決している。それがストリングハンガーというわけだ。このアイディアはシンプル、有効、経済的であり、確かに素晴らしいのだが、美しい木目をもつネックのヘッドに余計な穴をあけることにはやはり抵抗を覚える。また、チョーキングやアームを多用する場合、ストリングハンガーがらみでチューニングが狂いやすくなることは、周知の事実だ。どうしたらいいのだろうか?現時点での一つの解答がこれなんだろうと思う。

おそらく高音から低音の弦のナットからペグに至る角度はほぼ同じであることが望ましく、長さは理想的には弦のテンションとの兼ね合いになるのではないかと思う。ギブソン系の楽器のほうが、このあたりの設定については簡単なのだろうと思う。弦が折れ曲がる角度についての心配をあまりしなくてもいいからだ。しかしフェンダーであれ、ギブソンであれ、ナットからペグに至る弦の長さを自由に変えることができるわけではない。与えられた調節範囲内での工夫しか許されていないわけだ。

そうではあるが、SD510の機能を最大限に使ってポストの長さを調節することで、高音弦がナットから外れにくくなり、必要最低限のテンションをかけることも可能となる。写真を見ていただければ、何をしようとしているかわかっていただけると思う。この際、6本の弦のテンションをそろえるために、テンションが最も強い低音弦ではポストを高く、つまり長くすることになるのだが、ネックに使ってあるメイプルが軟なものだとポストが傾いてしまうことがある。その点、USACGのネックなら安心だ。これまで何度かこのような設定の楽器をアセンブルしてきたが、ポストが傾いたり、緩んだりすることは一度もなかった。さすがはUSACGだ。

ということで、短いが、私のお気に入りの楽器の紹介を続けてみた。

タグ:Telecaster usacg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

職場ダイエット 1 [雑文]

職場ダイエット 1
いろいろとここに書くべきネタはあり、時間もないわけではない。しかしなぜかそうする意欲がないのだ、、、。人間ってむずかしいのね。それで内容スカスカのダイエットの話を。

これまでにも、私はデブで血圧が高めであるため、今後の健康を考えてペクチンダイエットとか、ローカーボダイエットとかいろいろと試みたのだが、私の怠惰な性格を反映して続かない。まあそんなもんだろう。

しかし最近自ら編み出した“職場ダイエット”で結構な成果が出ているので、ここに報告したい。

職場ダイエットとは、、、

1. ものすごいストレスに自らをさらす。故意にそうする。特に肉体労働は積極的にやる。しかし死なない程度にする。肉体労働は、ストレス解消にかなり役立つことがわかってきた。脳内のエンドルフィンがでるのね。することがなければ掃除なんかがいい。人目や人様の意見は一切無視する。
2. 職場で一人で普通の食事をとらない。人と一緒の時は例外だ。どうしてもお腹が減ったら最小限の野菜やたんぱく質、-例えばささ身- でつなぐ。砂糖抜きのCoffeeに、ミルクを入れるのも空腹感に有効であることがわかってきた。しかしそれは最小限とする。
3. 水分を大量にとる
4. エレベーターを使わず、階段と友達になる。これはものすごく重要。
5. 気が向いたら筋トレ。しかし大げさにはしない。
6. 苦しくなったら狂ったように仕事をして現実から逃避する。これも重要。

こんなところだ。簡単だ。なぜなら私自身に合わせたオーダーメイドの方法だからだ。

それで、こういった方法を意識的に導入してかれこれ1か月になる。わたしのBMIは、
開始当初:24.2であったのだが、
1か月後:23.0にまで改善している。減量前の体重が重いので、数的には大きな変化ではないのだが、有意な変化であるように思われる。ベルトも穴が二つ前後細くなっているし、何より体が楽だ。

諸外国の基準としては、
Normal weight = 18.5–24.9ということなので、現状でもOKなのかもしれないが、
私的なこれまで一番体調が良かったころの体重に合わせると、目標は20.6ということになる。これはけっこう大変だ。

このまま職場ダイエットを継続するつもりでいる。
どうなることやら。また報告したい。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感