So-net無料ブログ作成
検索選択

福祝 特別純米 播州山田錦 五十五% 磨き 藤平酒造合資会社 [日本酒]

福祝 特別純米 播州山田錦 五十五% 磨き 720ml 1458円  藤平酒造合資会社P6290911.jpg

最近日本酒の世界に戻ってきつつある。数年前に帰国していろいろと捜し歩いているうちに出会ったのがこの福祝だ。いわゆる端麗辛口、というカテゴリーのお酒だというが、すっかり味覚が変わってしまった当時の私には、なかなか濃い味わいのように感じられた。酒作りに日本特有のきっちりとしたいい部分が出ているような気がして、大量に買い込んで毎日のように楽しんでいた時期があった。

何度か蔵元まで出向いて、仕込みに使う名水を味わったり、お店などを見学させていただいたりした。醸している量が(石数というのだろうか?:兄弟3人と高校生のアルバイトで酒造りをしているというが本当か?本当ならカッコイイ。)少な目だからだと思うのだが、丁寧に醸されている一方で、年ごとの揺れが大きい。価格とクラス分けされた品質が逆になっているようなことも多いような気がする。好みの問題もあるのだろうけれど。個人的にはそこが面白くって気に入っていた。さて、久しぶりに封を切ってみることにするか。外箱が新しいものになり、英語で銘柄を刻んである。確かに恰好がいいけれども、箱をなしにして蔵元の利潤を増やすとか、その分品質向上に回すとか、そのほうがいいかも、などと考えた。しかしせっかくなので、しばらく外箱をしげしげと眺めてみる。さて、久しぶりの福祝は、私にどんな時間を与えてくれるだろうか。微笑みつつ封を切る。

鮮烈というほどではないが、ほどほどに控えめ、しかしそれなりに華やかな薫り。いわゆる吟醸香というやつだろう。良心的かつ誠実な印象を与える。出だしは好調で、いい感じだ。ガラスの酒器に移してじっくりと眺めてみる。うっすらと緑みがかった黄色で、澄んでおり、トロリとした印象を与える。美味しそう、というか”旨そう”だ。少しだけすすってみると、、、昔と同じさわやかな印象。苦味と僅かーな酸味が隠し味になっておっとりとした透明感あふれる甘みが立体的に感じられる。やはり美味しい。今日のやつも大好きだ。味わいに奥行や力強さはしっかりとあるが、濃厚というわけでははい。全体にさっぱりとした飲み口。端麗旨口のカテゴリーに分類していいのだろうけれど、旨口の部分がやや強調されているというか。

あれから何年も経って、私もずいぶんと変わってしまった。しかし全体として、福祝が与えてくれる印象はそのままで、嬉しかった。蔵元の三兄弟は今も頑張っておられるようだ。今年の福祝もとてもいいお酒だ。多くの方々にお勧めしたい。


また呑む?:Yes 
印象    :千葉県の久留里で少量生産している良心的なお酒。驚くようなことはないかもしれないが、良心的な酒造りを感じさせ、私にとっては日本酒の基本となっている。毎日の晩酌にお勧めしたい。年ごとの微妙な変化を楽しんでほしい。これを嫌う人は少ないのではないか。



福祝 特別純米 播州山田錦 五十五% 磨き 1800 ml 2777円  藤平酒造合資会社

結局これに帰ってきてしまった。味が今一つ安定しないのも、ロットごとに味が微妙に違うのも楽しい。今回のものはいつものものよりすこし薄くスムースな印象で、酸味も少し強めカナ?しばらく福祝だけを、家で一人で少しずつ楽しんでいこうと考えている。小さな蔵なので、手に入らないときは困るなあ、、、。
タグ:日本酒 福祝

鎌倉 竹庵(ちくあん)  [日本蕎麦]

鎌倉 竹庵   ざる おおもり1015円+税
ちくあん.jpg

これからは、形式にこだわらず気楽に記載させていただくこととしたい。

鎌倉から狭い道をずいぶん遠くまで歩いてたどり着いた竹庵。近くにはお年寄りの入院施設なども多いようで、お客さんの平均年齢はかなーり高めだった。外装は真っ白な、素敵な蔵のような装いで、内部も和風。おそらくまだ新しいのだろう、全体に清潔感が漂っている。これは私のような清潔病の人間にとって歓迎すべきことだ。素晴らしい。感じの良い花板さんに小さなテーブルに案内された。疲れていたのでついつい日本酒をお願いしてしまった。いい味を出している酒器で供されたのだが、小さな猪口の吞み口のあたりの色が変わっている。使ってみるとちょっとした臭みがあり、洗浄か乾燥が不十分であるらしいことがわかった。残念だ。しかし出していただいた煎茶などはかなりのレベルであり、頑張っておられるお店であることは間違いない。見なかったことにする。

気を取り直してお蕎麦を。四角い盆にのせられた“ざる“には、更科系と思われるような真っ白なお蕎麦が。中細でエッジがしっかりと立っており、長さは長めで星は当然皆無だ。ガッツリと冷やされているので、お蕎麦の薫りは控えめで、逆につなぎが鼻につく感じだ。お蕎麦の温度が上がってくるまでちょっとお酒を呑んでまっていよう、、、、しかしこのおちょこには閉口だ。それでも鮮烈な薫りを漂わせるさらし葱と、一仕事加えられたかのような深みのある辛さを感じさせる粉山葵をつまみつつ、おさけのツキダシと思われる上品な山菜も大切に味わいながら、しばらくお酒をすすって待ってみた。といっても数分のことだが。だってお蕎麦は生鮮食品なのだ。供された瞬間から刻一刻と状態が変わっていくのだ。一番おいしい状態で手繰らないのは犯罪だ、、、。まあ、そんなに気合を入れる必要もないけれども。

書き忘れたが、メニューには“ざる”と記載されている。だから当初から恐れていたように、供されたお蕎麦の上にはパラパラと海苔が散らされていた。質の良いものを使っておられるらしく、それ単体としては非常に好ましい海の薫りが漂っている。しかし海の薫りは残念ながらほのかで繊細なお蕎麦の薫りを完全にスポイルしてしまっている。これは許せん!周囲の視線を完全に無視して海苔だけを食べつくし、その後ようやくお蕎麦に集中したことを報告しておきたい。人生短いのだから、人目なんか気にしなくっていいんだぜ。大事なことなんか少ししかないじゃん?オレが生まれた横浜じゃあそんな風に言うんだぜ。

蕎麦つゆは文句のつけようのないもの。まあ、好みもあるが。神田まつやの甘みを減らし、全体に薄くしてその分出汁を利かせたような感じ。海が近いので海産物を豊富に廉価に使えるのかもしれない。お蕎麦とのバランスを考えると、8割がたお蕎麦をくぐらせるくらいが良いだろう、と判断した。それはともかくお蕎麦はまだか?

それで徐々にお蕎麦の温度が上がってお蕎麦の薫りがなんというか“開いて”きて、いい感じになったところで手繰ってみた。確かに薫りはややつよくなっている。バランス良し、喉越しも良く、むちょむちょというよりはややぽきぽきとしたようなお蕎麦だ。古都のお蕎麦らしく、上品でさっぱりとしていてなかなかおいしい。お店がもう少し明るくされていれば細かい観察もできたのだろうがまあそれはそれでいい。

意外だが大盛りは文字通り大盛りになっており、量的にも満足してお蕎麦時間を完了した。蕎麦湯はおそらく実際の茹で湯であり、さっぱりとしたものだった。さらにお茶をいただき、清潔なトイレをお借りして、一息ついてから帰途についた私だった。

やっぱり生まれ故郷は理屈抜きにはいいな、、、。

司牡丹 しぼりたて 土佐の超辛口 1800ml 2160円 [日本酒]

司牡丹 しぼりたて 土佐の超辛口 1800ml 2160円

Tukasa.png

天寿の純米生酒をスキップしながら買いに行ったところ、我が信頼する地酒屋のご亭主は“今年の入れなかった”と怖い顔。確かに天寿はたまに品質がばらつくことはあるのだが、今年の純米生酒を味わないというのは、、、涙、、、。しかしほかの店でお酒を買う気持ちにはならない。仕方がない。人付き合いっていうのはそういうものだ。大将はその代わりにこいつを試してみろという。それなら、と、そうしてみた。

有名な司牡丹というお酒を、残念ながら私はよく知らない。おそらくたくさん飲むと味わいが出てくるような、四国らしい男らしいお酒なのではないだろうか?などと想像してみる。さっそく最近おろした酒器に注いですすってみる。薫りはややフルーティで口当たりが良い。全体にさっぱりとしており、しかし同時にやや深めの酸味を感じさせるのが特徴か。軽い苦みがあり、味わいが比較的舌に長く残る。エグミのようなものはない。いなたさを残しつつ、爽やかさが強調されたいいお酒だ。大将が言っていたように、私の本来の好みとは少し違うけれど、値段を鑑みると望外の品質だ。口にするとほっとするお酒だった。

芝大門 更科布屋本店 大もり 730円 [日本蕎麦]

芝大門 更科布屋本店 大もり 730円

芝大門に所用があってそこらを徘徊していたら、こんなところに更科布屋があるではないか?ニコニコして早速お店に足を運んだ。お店の角に、何やらいわくありげな石碑?のようなものが立っている。調べてみると創業220年の歴史ある老舗だというではないか。ついつい期待してしまう。突入してみると、店内は何の変哲もないお蕎麦屋さんで、地味でもなければ派手でもない。客層の年齢がものすごく高いことが気になったくらいだ。例によって大盛りをお願いすると、ほどなくしてお蕎麦が供された。四角い盆にのった蒸篭、小皿に乗ったさらし葱とおそらく粉山葵。蕎麦つゆは徳利で。このスタイルは好きだ。蕎麦つゆは血圧に、、、これはもういいか。大盛りゆえなのか蒸篭のお蕎麦は二つの“山“に分けられており、気が利いているというかなんというか。とりあえず食べやすいことは間違いない。

お蕎麦は真っ白ではなく蕎麦肌がむっちりとした薄いあずき色。中細でエッジがやや丸く、長さとお蕎麦の幅の揃い方から判断して機械切りだろう。お鼻をピッタリ、クンクンしてみると、きちんとお蕎麦の薫りがする。よしよし。しかし二八のつなぎの小麦粉?と思われる薫りがかなり目立ち、お蕎麦のかそけき薫りをややスポイルしている印象。蕎麦つゆは、、、と。少量すすってみると、醤油と味醂系の甘さがカツヲ系の出汁より勝ってしまっており、ややバラバラな印象だ。全体に江戸前に準ずる濃さ。それなりに強さをもったお蕎麦なので、半分くらい蕎麦つゆにくぐらせるのがよさそうだ。

ややばらつきもあるが年月に磨かれて完成されたお蕎麦なのだろう。説得力があり、なんだかありがたい気持ちになってつるつるとすぐに手繰り終えてしまった。茹で湯そのものと思われる蕎麦湯をいつも通り3杯楽しんでから、お店を後にした。老舗というよりはビジネス街のお蕎麦屋さん然とした雰囲気であり、入れ代わり立ち代わりお客さんが入ってきてにぎやかであった。おそらく平日の夜は、オジサンたちの天国になるのだろう。お店は古いのだが、ありがたいことにトイレはそれなりに清潔さを保っていた。私が目にした範囲では、店員さんが全て男性であり、全体に独特の雰囲気を漂わせていた。場所柄と歴史的背景を考えると、ごく良心的な値付けになっており、ちょっとうれしかった。本日の報告はこれくらいで、、、。

東薫 東薫酒造株式会社 純米吟醸 300ml 540円 [日本酒]

東薫 東薫酒造株式会社 純米吟醸 300ml 540円

千葉県の小さな酒蔵で醸されている福祝というお酒をこよなく愛している私なのだが、千葉県のコンビニに立ち寄った際に、千葉県の日本酒を数種類扱っていることに気づいた。これはローソンで扱っている全国の日本酒を紹介するパターンではなく、千葉県で醸した日本酒のみ限定して扱っているらしく、ボトルも違えば値段も違う。このシリーズは濃い緑のずんぐりしたボトルにいれて売られている。素晴らしい企画だ。東京版とか神奈川版とかもあればいいな、と思う。

それで、すぐに手を出したかというとそうではない。なぜかというと、最初にこのシリーズもののおさけを発見したコンビニでは、あろうことか日本酒を窓際に置いてあり、毎日日の光をガンガン当てていたのだ。これではだめだ。どんな上質な日本酒でも変質してしまう。それであるとき通りがかった酒屋さんで同じシリーズのお酒を発見したため、気になっていた東薫をサンプルしてみた。よし今日は運がいいぞ!

封を切って薫りを確かめてみると、、、、上品というかなんというか、かすかな日本酒らしいイナタイ薫りがする。お酒の温度を上げるとこの薫りは多少強くなるが、目立つほどではない。少量すすってみると、、、これも薫り同様、昔からの日本酒らしいやや癖のある味がする。酸味とわずかな渋みのようなものがあり、コクが強く爽やかさとは逆の方向のお酒のようだ。後味も長く残る。矛盾するようではあるが、全体に比較的軽い吞み口であり、たくさん飲むタイプのお酒にも感じられた。ベテラン向きのお酒なのかな、というのが総合的な印象。

不思議なのだが、このお酒の味、何度も思い出してまた味わいたくなる。こういうこともあるのね、、、。

職場ダイエット 10

職場ダイエット 10

BMI-R.jpg
最後のつめで苦しんでいる。
あと数キロ、サウナに入れば一発なのだが、この山を乗り切ることができない。
もっと苦しい仕事をすればいいのか?そんなことをすれば死んでしまう、、、。
しかしもう少し頑張ってみるつもりだ。
続報を待て、、、。

並木 藪 ざる 750円 [日本蕎麦]

並木 藪 ざる 750円並木藪.jpg

巨人大鵬卵焼き、といっても最近の人は知らないだろう。つまりクルマならベンツ、大学なら東大、おねいちゃんなら、、、、これはよくわからないや。論理に飛躍はあるがとにかくそういうことで、江戸前のお蕎麦なら並木藪、といっても文句を言う人はあまりいないのではないか。

私はこの店を避けて避けて避けてきたのだが、いろいろあって考えが変わり、
足をはこんでみることにした。時間を作って浅草へ、、、、雷門を背にして
国際色豊かな観光客に紛れてとぼとぼとあるく、、、とすぐに白塗りの壁に藪の行燈を目にした。

こんなわかりやすいとこにあったの!早くいってよ!いままで何百回通り過ぎたんだろうここを。ということで、暖簾をくぐってどんどんお店に入ってゆく。どんな高級店でもどんなさびれた店でもお蕎麦屋さんである限りは私の領域だ、私の心に躊躇の文字はない。このお店はどうも最近建て替えたらしく、玉石をめり込ませた床などは昔通りだというが、壁、天井、柱など、すべてが新しく清潔な印象を与える。店内は並木通り同様に、これまた国際色豊かな人々でいっぱいだ。怪しい英語?と思われる言語が飛び交っている。私はおじさん一人なのですぐに上がれるかな?と期待すると、すぐに小上がりの座卓、相席で、と言われた。よしよし。座るとすぐにスポーツ新聞のサービス。この有名なサービスは今でも行われているようで、ありがたかった。すぐに冷酒とざるを2枚お願いした。

菊正のこもかぶり、しかしこれは樽から直接ではなくどこか別のところから徳利に注がれているようだ。お酒は盆にのり、白木の四角い袴をはいた白い徳利に入って登場。徳利の相棒はおちょこではなくガラスのビールグラスだ。ぐびぐびと呑んでしまえばいいのだろうか?いやそれはやめておこう。それではお蕎麦がわからなくなってしまう。例によって濃い色をしたいい薫りの蕎麦味噌がちょっぴり。キンキンではなく常温、木の薫りをぷんぷんさせている菊正をゆっくりと楽しんでいると、おお、かなりのスピードで一枚目のざる蕎麦が供された。これもやはり塗りの盆、丸いざるを裏返すよくあるスタイル、お蕎麦の量は”銘店盛り”というやつで、私なら数秒で終了する量だ。わかってはいたがグルマンの私はちょっと悲しい。薬味はさらし葱とちょっと大根っぽい生山葵だ。こいつらをつまみにして菊正を飲み続けているわけにはいかない。お蕎麦は繊細な生き物で、刻々と状態が変わってしまうのだ。勝負だ!なんのこっちゃ。

機械切りであろう、中細の細かい星がわずかに散った、エッジがたち気味の長ーいお蕎麦。見目麗しくざるの上に身を横たえている。穀物の薫り(私は栗の薫りに似ていると思う)がお蕎麦をたぐると”ぶわっ”とひろがり、”こいつできるな”と思わされた。いつものようにお鼻にぺったりとお蕎麦を押し付けて穀物の気高い薫りを満喫する。幸せだ。なんだか調理場から見られているような気もするが関係ない。気にならない。そのまま数本やってみると、歯切れの良い、のど越しがやさしめの大変おいしいお蕎麦だった。蕎麦つゆいらないんじゃないの?うまいよこれ。たいしたもんだよ。しかし名にしおう藪のからつゆを味わってみなければ。

少量すすってみると、やはりカツヲ系のパンチのある出汁の強めに効いた、塩辛い蕎麦つゆだった。煮詰めたような濃厚なものを想像していたのだが、そんなことは無い。正直、個人的には常識的な範囲を超えない塩からさだ。塩ではなく醤油を感じさせる方向のからさで、奥のほうに甘みもしっかりと効いている。当たり前だが悪くない。しかしこのままごくごくはちょっと無理かも。それでお蕎麦の端っこを1割くらいお蕎麦にくぐらせて手繰ると、、、、文句のつけようもない味と香りの恍惚のハーモニーだ。やはり老舗というのは大したもんだ。頭が下がる。しかし個人的には、蕎麦だけで食べたほうが幸せ度が高いような気がした。無粋ですいません。

タイミングを見計らってもう一枚ざるを追加していただいたのだが、大食漢の私はあっという間にすべてを平らげてしまった。しかし蕎麦猪口や徳利など、さりげない、あまり高級感が漂わないものを使っているんだなあ、と食べ終わってからようやく気が付いた。

残されたお酒を蕎麦つゆを肴にして悠々とすすり、その後さらに大きな急須で供された蕎麦湯を大量にのみまくって幸せな気分になってお店を後にした。ごちそうさまでした。菊正樽酒は大好きなのだが、昔あれを大量に呑んでリバースしたことを思い出したので(翌朝の苦しみは筆舌に尽くしがたかった)、一合でやめておいた。短時間ではあったが、濃厚な時を過ごすことができた。なるほどなるほど。並木藪ってこんなお店だったのか、、、、。もっと早く来ればよかった。

北海道から出てきて、東京のお蕎麦屋さんめぐりをしている青年をみかけた。日本のお蕎麦の将来はなんだか明るいような気がした。あとは池之端に足を運べば、御三家すべてにうかがったことになる。

良い;泣く子も黙る老舗。黙って座れば幸せになれる。
もっと良くなる;なんの文句もございません。ありがとうございます、というかんじ?
また行く?;Yes
総評;浅草雷門前並木通りにある、超有名江戸前お蕎麦屋さん。何気ないお店であるが、お蕎麦のレベルは高い。伝統の技が広く知られた銘店。文句なし。しかし店内に隠れ場所がなく長居できる雰囲気ではない。それだけが残念。
トイレ;未使用
駐車場;多分ないと思う。場所がよすぎる。




2016年12月 再訪 ざる2枚 菊正1本  2250円

機会に恵まれて並木藪を再訪。一人でうかがったのだが新聞は読ませてくれないし、メニューはわかっているでしょう、と。ちょっと寂しいが仕方がない。お蕎麦はいつもながら大変結構でした。さらし葱が期待を超えて深い味がして大変おいしく、あっという間に菊正を呑み終えてしまった。それはそれでやっぱり大変結構でした。空いている時間を選んだつもりだったがどんどん人が入ってくるので早々に退散した。ゆっくりできれば文句ないのだが仕方がない。満足だ。


不動 鍋店株式会社 吊るし無濾過 純米大吟醸 1800ml 3497円 [日本酒]

不動 鍋店株式会社 吊るし無濾過 純米大吟醸 1800ml 3497円Fudou.jpg


私は日本酒を買うときには自分なりに厳格なガイドラインを決めている。それは、いつものお酒屋さんで一升3000円以下のものを買う、有名銘柄にプレミアムを払わない、といったものだ。しかし今回は例外的に値段もお店も裏切って、こいつを買ってみた。理由は聞かないでほしい。私の尊敬する作家が、“選択肢のうちの一番上と一番下は選ぶな、そいつはイナカモノのすることだ”と遺言したため、奮発しても2番目のものにすることが多いのだが、今回はこの決まりも破ってしまった。実に恐ろしきは日本酒のチカラ、、、。とにかくこいつを呑んでみたかったのだ。我ながらお恥ずかしい。

それで一升瓶をぶら下げて家に帰ってきた。ちょっと冷えすぎているようだが、とても適温に温まるまで待てないので開けてみる。プシュ?プシュっておまえ、、こいつは日本酒だぜ。それでもお鼻を近づけてクンクンするまでもなく、おお、おお、いーい薫りだ。けばけばしくない自然な吟醸香。フルーツというよりはお花のような感じ。自然で鼻につくような人工的な印象はない。少量口に含むと、僅かな苦みとともにかすかな酸味、ピリピリするのはわずかに発砲しているのか?本当か?その次に迫ってくるのは、爽やかでないわけではないが、むしろ深さを感じさせる味覚の塊だ。爽やかに拡散するのではなく、お口の中でじんわりとまとまっていく感じ。そして滑らかかつしっかりとした味わいを舌と喉に残しつつ、一口目の不動は私の胃の腑にじんわりと納まっていった。手間暇をかけているお酒であることは間違いない。たまにお酒だけを少量呑む感じのときに合うのではないか、というのが本日の印象だ。たくさんは呑めないタイプのお酒だろう。今後数日の味わいの変化が楽しみだ。

お酒は一升瓶に限る。だって封を切って、少しずつ大事に呑んでいくと、空気と混ざったお酒が少しずつ成長して、味が変わっていくのだ。この変化は4合瓶では味わえない。冬場は寒い部屋にそのまま置いておくのがいいと思うのだが、夏場は冷蔵庫に入れるかどうか迷うところ。最近の大吟醸なんかは夏場の常温には耐えられないだろうからね。ともあれ、こういった繊細なお酒を楽しむことのできる日本に住んでいて、私はほんとうに幸せだ。

タグ:日本酒 不動

鎌倉 [雑文]

鎌倉SunsetR.jpg

鎌倉に久しぶりに足を運んだ。京都はとてもいいけれど、鎌倉もスバラシイ。やっぱり自分は神奈川県が好きだな。
タグ:鎌倉

鎌倉 2 [雑文]

鎌倉 2Kencho-Ji.jpg

この日、一番気に入った写真がこれだ。左側の映り込みはご愛嬌ということで。子供のころに足を運んだ印象とは全く違う景色で新鮮だった。どこだかわかりますか?