So-net無料ブログ作成
検索選択

久米川 蕎心庵 せいろ おおもり 900円 [日本蕎麦]

久米川 蕎心庵 せいろ おおもり 900円

お目当てのお蕎麦屋さんに席が見つからず、ぶらぶらと歩いていたらこのお店を見つけた。ビルの一階にある小体なお蕎麦屋さんで、“びびび”と来たので扉を開けてみた。年季の入った店内はそれでも清潔感が保たれており、小さなテーブルに一時の憩いを求めることにした。良心的な値段の日本酒をすすりながらおおもりをお願いしてお蕎麦をまった。

ご亭主はややお年を召した方のようで、几帳面にお蕎麦を調理しておられる。板場からは中年の女性の声も。あとは奥様と思しき小柄な花板さんだ。テーブルから拝見していると、きっちりとお蕎麦の重さを測っておられる。おそらくゆであがりまでの時間などもモニタしておられるのだろう。予測したよりも柔らかめに見える生蕎麦の重さを測って、、、おお、茹で湯に投入したようだ、、、。気合が入っている。これは期待できそうだ。

供されたお蕎麦は角盆に。よくある使い込まれた朱塗りのせいろには中細で太さと長さが整わない、しかもなよなよとした印象の、穀物の粒子がちょっとだけ見えるような、エッジがやや丸い平打ち気味のお蕎麦。西荻窪の本村庵のお蕎麦をすこし太くしたような感じ?石臼挽きと書いてあったが、玄蕎麦の挽き方と関係があるのだろう。星はあまり目立たない。蕎麦猪口の中ではなく、徳利に多めの蕎麦つゆ、これは助かる。さらに小皿にさらし葱と生山葵、といった供し方。さっそくお蕎麦を数本手繰ってみる。もむもむ、、、と。ややごわごわ感のある噛みしめたくなるようなお蕎麦で、全体に短めなので喉をつんつんと刺激しながら胃の腑に落ちていく。なるほど。なかなかいい。それではお蕎麦の薫りは、、、と。あまり派手な穀物の薫りは漂わないようだ。それでも遠くの方でではあるが、栗っぽいような甘ったるいような印象を楽しめる。おそらく十割蕎麦と思われるのだが、私のお鼻と舌は、僅かなつなぎを感じる、、、。まあ、おいしければいいのだ。よし、それでは蕎麦つゆに、、、。これは神田方面の老舗と比較するとかなりさらさらとした蕎麦つゆだ。しかしわずかに発酵系のうまみが加えられており、すすってみるとなかなかおいしい。蕎麦とのバランスなのだが、7割がた蕎麦つゆをくぐらせるといいようだ、、、。いかんせんお蕎麦が短めなので、お蕎麦と蕎麦つゆのバランスはとりにくいのだが、細かいことを気にするのはよそう。ここは心のオアシス、お蕎麦屋さんなのだ。あとは無心でどんどんとお蕎麦を手繰り、あっという間に充実の蕎麦時間を終えたのであった。さらし葱は切り口がシャープかつきれいで、きっちりとお水を切ってあって秀逸。また、生山葵はおそらくサメの皮か何かで細かく丁寧におろしてあり、これまた秀逸。鼻水を垂らしながら、最後まで堪能させていただいた。その後小さな湯桶に入った、ややカツヲを感じさせる蕎麦湯を全て堪能し、お店を後にしたのであった。残された蕎麦つゆを蕎麦湯で割ってみたのだが、素性の良さを感じさせる蕎麦つゆであった。(私は蕎麦つゆはそのまま楽しむのが好み)

飛び込みでうかがったにしては、”アタリ”のお蕎麦屋さんでありました。ごちそうさまでした。

獺祭「純米大吟醸」寒造早槽48しぼりたて生 旭酒造株式会社 720ml 1695円 [日本酒]

獺祭「純米大吟醸」寒造早槽48しぼりたて生 旭酒造株式会社 720ml 1695円
Dassai.jpg
最近見つけた、いけてる地酒屋さんにいそいそと足を運んだ。生酒を買おう、と漠然と考えていたのだが、おお、獺祭の生ってあるのか?それはすごい。これは売ってくれるの?当然だという。ニコニコと手に入れて、さっそく封を切る。柔らかい金属の封の上からビニールで厳重に覆ってある。多少ガスが出るのだろう、と考えてゆっくりと栓を抜く。しゅぽんという音は、やはり瓶の中にガスの圧がかかっていたからだろう。 いつものぐい飲みではなく、アル注がワインをあおるように瓶からぐいっとやったので(ピクニック中だったのだ)、薫りがふわりと広がるわけではないが、それでも獺祭らしい薫りだ。

一口すすって味わってみると、ガスと一緒になって主張するわずかな苦みをベースとしてはいるが、いつもの獺祭のさわやかな味わいだ。甘みと酸味が程よくバランスしており、日本酒らしいひねたような印象は薄い。例によってワインよりの味わいで、冷やすといっそうその印象が強調されるのもいつも通りだ。品質は本当に安定しており、保存さえしっかりしていればいつ呑んでも(手に入れば)間違いのない安心して呑めるお酒だ。お酒のクラスによらず、獺祭というブランドは一貫した方向性を感じさせるのだが、今後の日本酒の発展を考えると、それはかなり素晴らしいことだと思う。全体に丸くまとまった感は少なめで、みずみずしい、すがすがしい印象。若いというか、やや蒼い、といってもいいのかもしれない。コクはそういうわけで少なめだ。後味もさっぱりすっきりとしており、いくらでも呑める。やばいやばい。ゆっくりと呑んで、空気を混ぜて、温度を上げて、だんだんに開いてくる変化を楽しもうと思っていたのだが、恐るべし、小一時間で楽しく呑みきってしまった。だからその日の夜のオヤジの体たらくは推して知るべし。また一晩、ダメな夜を送ってしまった。そうではあるが後悔はしていない。素晴らしい時間を過ごすことができたからね。思うにお酒というのはタイムマシンのようなものだ。短時間楽しい思いをした後、時間をどぶに捨てるような状態となってしまう。お酒を体に入れた瞬間に異次元の世界に入り込んだようになってしまう。時間がもったいないといえばもったいない。そんなことを感じる年になった。人生に残された時間は無限ではないのだ。

このお酒を調べてみると、
“山田錦を使った50%精米の純米大吟醸をベースに、同じく39%精米の山田錦を使った純米大吟醸を8対2でブレンドしています。純米大吟醸50のしぼりたての爽やかさに磨き三割九分の華やかさを加味した純米大吟醸のしぼりたてです。”
なるほど、納得、その通りだ。

フルーティ系の日本酒を好む方には、諸手を挙げてお勧めできるお酒だ。次はいつ手に入ることだろう。

タグ:日本酒 獺祭