So-net無料ブログ作成
検索選択

【樽出し生ワイン】カベルネ・ソービニヨン(赤) シャトレーゼ 740ml 740 円 [雑文]

【樽出し生ワイン】カベルネ・ソービニヨン(赤) シャトレーゼ 740ml 740 円

お菓子で有名な山梨県勝沼発祥のシャトレーゼ、、、ここで“生ワイン”を良心的な価格で提供しているのだという。ものすごくおいしそうに紹介しているサイトがあったため、矢も楯もたまらずお店に。店内には女性ばかりでオジサンの居心地は極めてよろしくない。しかし店員さんは丁寧に対応してくださり、不愉快なことは全くない。高級感こそないが、雰囲気は悪くない。このワインは、シャトレーゼのサイトでは“無殺菌・無濾過の≪生ワイン≫のため、まろやかな口当たりです。”と紹介されている。ブドウの本場山梨県で作られたワインなのだからまずかろう筈がない。いそいそと購入して自宅へ。このワインは、一度ビンを購入すると次回はビン代がかからないという、時代に即したエコを意識した販売方式を取っていることは特筆しておくべきだろう。さて。

ワインを飲むということは、その分愛する日本酒を減らすことになるわけで、そうまでして味わう価値があるかどうかというのが私の側の命題だ。ワインボトル一本740円ということは、一升びん換算で1800円ということになる。最近、この値段では廉価な日本酒しか買うことができないのだが、実際に呑んでみるとこのワイン、どういった評価が下されるだろうか。

緑色の通い瓶は、注ぐとワインが垂れてしまうのでちょっといただけないが、なかなかいい味を出している。幸いなことに清潔感もある。安心して購入できる感じ。いつもは日本酒を注ぐ盃にワインを適量、というかたっぷりと注いで薫りを、、、。揺らしてみたり手のひらで温めてみたりして薫りを味わう。ぱっとした華やかさはないが、重く、濃く、力強い、私が知っているカベルネ・ソーヴィニヨンの薫りだ。地味だが実力のある感じ。私はワインの味や香りを表現する多彩な形容詞を上手に操ることはできないが、なんというか、ワインだけを楽しむというキャラクターではなく、食事と一緒に味わうわけでもなく、たとえばサラミなんかをちょっとだつまみながらたくさん飲むときによさそうなワイン、というのが個人的な印象だ。ワインも量だけはたくさん飲んできたが、いまひとつつかみ切れていない、というのが正直な自己評価なのであまり自信はないのだが、誠実につくられた、安直な表現になるが無印良品のようなワインだと思った。自分的には、何らかの理由で赤ワインが飲みたくなったらこれで満足できるかな?つまり結構気に入ったということだ。今度は同じお店のシャルドネを試してみようと思っている。


【樽出し生ワイン】シャルドネ (白) シャトレーゼ 740ml 740 円
それで最近、シャルドネを試してみた。赤よりも口当たりがよいのはアタリマエか。シャトレーゼのサイトによれば、“シャルドネ種ぶどうを原料とした白の辛口。無殺菌・無濾過の≪生ワイン≫のため、まろやかな口当たりです。 白い花や、グレープフルーツのような柑橘系の香りとナッツのような香ばしい風味が特徴。魚介類の料理に相性抜群な白ワインです。”とあるのだが、あまり風味を感じないままにあっという間に一本呑み終わってしまった。口当たりの良さおそるべし。“生”という印象は確かにある。”辛口”という感じは受けなかった。しかし私の頭の中にある、よく冷えたシャルドネの味と薫りとはかなり異なった印象。お店の感じのよいオネイサンによれば、常温保存で2週間はOKとのこと。そうなのか?それでいいの?印象があいまいなので、もう一度試してみようか。次はよく冷やしてから呑んでみよう。赤よりもこちらの方が自分には合うようだ。ご馳走様でした、また今度。


私のギター 8 [音楽]

私のギター 8

ギターケースを直接イギリスにオーダーしたのだが、いろいろと大変だった。自分の楽器のサイズに合うケースを買わないと意味がないので、ケース会社に問い合わせてどれがいいのか聞いたり、イギリスの楽器店に連絡を取ってみたり。結局某大手通信販売会社を使わせていただくこととなったのだが、これがまた大変だったのだ。つまりカードが通らない。なぜなのかわからないので銀行やカード会社と何度も連絡して、、、ずいぶんと手間暇がかかってしまった。国際電話だって何度もかけた。国内の代理店を通して海外の楽器などを購入すると、現地で購入する場合と比べて値段は三倍近くに跳ね上がると聞いているのだが、このような煩雑な手続きとか、事故の処理とか、税金とか、いろいろと考え合わせると仕方がないのかもしれない。自分の好みとしては、欲しいものがあるのなら、現地まで旅行を楽しみつつ自分で買に行く、というのが楽しそうでよいのだが、貧乏暇なし、なかなか時間を作れないし、ギターは大きいので輸送に苦労することは目に見えている。

アメリカから楽器やそのパーツを直接買い付けたことは何度もあるが、問題が起きたことはほとんどない。しかし以前にオランダの制作家に楽器を作ってもらった時は、えらい目にあった。税関が楽器を傷つけるし、税金を何度もチャージしてくるし、楽器は壊れるし。結果としてずいぶん高い買い物になってしまった。このときは本当に、日本は経済的にはアメリカの州なのだな、ヨーロッパは本当の外国なのだな、と、実感したものだ。

しかしいろいろと苦労した甲斐があり、先方はケースを売ることに同意してくれた。どうなることやら楽しみだ。

タグ:ギター

伯楽星 純米吟醸 株式会社新澤醸造店 1800ml 2992円(税込) [日本酒]

伯楽星 純米吟醸 株式会社新澤醸造店 1800ml 2700円(税抜、記憶曖昧)

天才的な味覚を持った年若い蔵元=杜氏が、食事を引き立てる最高の食中酒を醸しているのだという。玄人筋に特に評判がいいのだという。“時期が過ぎたお酒を随時回収するフレッシュローテーションを行っております”のだという。マジか。それはすごい。価格的に特別純米との二択だったのだが、純米吟醸を選んだ。上立ち香はフルーティなものを期待したのだが、そこまでいかない上品で控えめなもの。あとはわずかな酸味を感じさせつつ、日本酒らしい整った味と薫りを控えめに放ちつつ、すっと跡形もなく喉の奥に消えていく。後味は非常にさっぱりとしたもの。確かに呑み飽きはしないだろうが、個人的にはちょっとさみしい。封を切った時にすでにある程度呑んでいたため、今度は素面の時にじっくりと向き合ってみよう。印象が変わるかどうか。

やはり私はフルーティで口当たりよく、コクもあるがさほど複雑ではないといった、誰でもが好むであろう初心者向きの日本酒が好きなのかもしれない、と思った。”日本酒小学生”というやつだ。しかしいいんだそれでもオレは。自分が本当に気に入ったものを、じっくりと楽しんでいきたい。

徒然FD2 2017/4-6 [クルマ]

徒然FD2 2017/4-6
ドイツ系のクルマは高速走行が前提であるため、とりあえずカッチリと作ってある。それで我々が日常使う速度域での走りに余裕が生まれるわけだ。品質が高いパーツをつかい、組み込み制度を上げることで、高級感もでる。全体にいい方向に持っていくことに成功している場合が多い。

国産車の場合は、ほとんどの場合高速度域での走行を想定していないため、車体に大きな入力がある走り方をするとワナワナしたり、安っぽく揺れたりするわけだ。だから国産の場合はスポーツ走行を前提とした、例えばFD2のようなクルマを選ばないと、通常走行領域での余裕のある走りを手に入れることができないことになる。しかし走りに振ったクルマは乗り心地もいまいちだし、内装なども若者向きだし、私の様なオヤジが乗るのにはちょっとは恥ずかしい場合も多い。しかしそれでもポルシェを100㌔で流して乗るようなイメージで、FD2でまったり楽しんでいきたいと思っている。

徒然FD2 2017/4-5 [クルマ]

徒然FD2 2017/4-5

今日も機嫌よくK20Aを“演奏”してきた。いつもながら楽しいひと時だった。
FD2の持病であるクラッチのマスタシリンダの寿命が近づいている(ギコギコと違和感がはじまった)。それは仕方がないとあきらめているのだが、エンジンが3000回転を超えるあたりで回転の盛り上がりがおかしなことになってきた。ちょっとだけ息をつくのだ。こいつは困った。わが信頼するメカ氏に相談したら、エアフィルターですかね?とのことであった。近日中に主治医(メカ氏)の元をたずねたい。なんとかして時間を作らねば。それでもこのクルマのドライブはいつでも最高だ。