So-net無料ブログ作成
検索選択

名古屋栄町 宮きしめん 竹三郎 みそかつ定食 1250円 [日本蕎麦]

名古屋栄町 宮きしめん 竹三郎 みそかつ定食 1250円

名古屋に出張してきた。仕事はいつもながらとてもきつかった。風邪をひきこんだこともあり、名古屋を楽しむ時間はほとんどなかった。残念だ。そうではあったが、このあたりには明らかに独特の空気が流れており、はっきりと関東とは違う“文化”の違いを感じることができてけっこう楽しかった。なにも飛行機に乗って遠くまで行かなくってもいいさ、と思わせるだけのものがあった。それで名古屋でも当然、麺食い活動にいそしんだ。名古屋といえばやっぱりきしめんだろう。

出張中に、数回きしめんを楽しんだのだが、印象が残っているこのお店だけ紹介しようと思う。欲を出してみそかつ付の定食を頼んでしまったが、きしめん単体をお願いするべきであった。さて。街中のちょっとおしゃれ、といった位置づけのビルの上階にあがると、喫茶店のようなお店があった。ここで本当にきしめんにありつけるのだろうか、、、と、たしかにあった。なぜだが欧米系の外国人が店内に客として数名座っており、なんとうまそうにきしめんをすすっているではないか。それでは私も参戦だ。外人に負けるわけにはいかないぜ。定食をお願いしてしまったが、きしめんだけであればほとんど待たずにサーブされるようだ。失敗した。

きしめんはやや大振りの洗面器のような器に上品に横たわっている。出汁には赤と白があるようで、セットでお願いしたものは白、つまり私のような関東人から見ると関西風の透明な出汁が張られている。上品なお出汁のなかで揺蕩うなよなよとした色白なきしめん。ムチムチとした弾力を全身で表現している。いいぞいいぞ。他店と比べると厚めであるというこの店のきしめんは、私の眼にはやはり幅広のぺろぺろの麺に映る。その上に花かつおと季節の青物。なるとかかまぼこのような練り物も乗せられていたように思う。シンプルな外見だがお出汁に手間暇かけられているのだろう。優雅な、ほのかな、甘いお出汁の薫りだ。そいつをすすってみると、やはり私には味が薄い。舌の感受性を高くリセットする必要があるのだろう。それでもしばらくすすり続けると、だんだんわかってきた。なかなかおいしい。甘さとお出汁のふくらみが継ぎ目なく広がり、薄口醤油が輪郭をまったりと引き締めている、といった感じになろうか。どこにもとがったところがない。飽きずにたくさん楽しめるようなおつゆだ。

麺は私から見ると幅広で腰がない、ぴろぴろとした舌触りが楽しい麺だ。喉越しも最高だ。関東者が喜ぶような“こし”とは無縁の麺であり、別の切り口で評価されるべきものなのだろう。これがおつゆとよく絡んで、長年の歴史の中で工夫し、考え尽くされた組み合わせになっているように思われた。なるほど、なるほど。お店にはきしめんのつけ麺、といったものもあるにはあったが、だからそれはあまりきしめんの本質を生かすような食べ物ではないのだろう。

つるつると楽しくきしめんを食べ終わった後は、夢中でつゆを味わった。冷房の良く聞いた店内で温かいものを楽しむ贅沢。当たり前のことだがそれが楽しかった。お蕎麦もいいけれどきしめんもいいなあ。次に機会があったら、きしめんだけをもっとたくさん食べてみようと決めた。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

徒然FD2  2017/7-2 [クルマ]

徒然FD2  2017/7-2

距離を重ねてオイル交換後すでに3000㌔だ。高回転での滑らかさはなぜか再び戻ってきたように感じられるのだが、低回転のガサガサ感はいかんともしがたい。いつもはこのまま我慢して5000㌔まで距離を伸ばしてしまうのだが、今回は食事を抜いてでも時間を作り、ここでオイル交換して
汚れ方なども観察してみようと思う、あと、オイルの減り方も見ないとね。今回も信頼する我がメカ氏にお願いしようと思っている。かれは3000㌔で代えればフィルターは全く汚れないというのだ。本当か?

今回は長距離の小旅行を楽しんだのだが、それによってエンジンの調子は明らかに良くなった。スポーツエンジンはやっぱり扱いに気を使わないとよい状態を保てないんだなあ、、、。ああ、自分でメンテするための車庫欲しいなあ。どこか田舎に家付きの車庫を買いたいなあ、、、。(切実)
タグ:FD2
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

Kamakura 2017/7-1 [Kamakura]

Kamakura 2017/7-1

Which temple is this.jpg
沢山の写真をアップするのは結構疲れる、ので、短い記録と厳選した写真のみにとどめ、
そのかわりちょくちょくアップしていこうと思う。日々の生活でストレスがたまりまくり、これはもう鎌倉でしょう、という状態になったため、神奈川県の空気で胸をいっぱいにするために鎌倉へ。

<本日のルート>
極楽寺→お蕎麦で昼ご飯→源平池をしっかり観察→宝戒寺をもう一度→荏柄天神社の梅をみる→報国寺

極楽寺まで鎌倉駅から歩いていこうと思っていたのだが、意外と江ノ電がすいている。なので江ノ電でゴトゴトと極楽寺に。このお寺はかつては様々な役割を担って栄えていたようだが、いまはなかなか難しい状況に置かれているようだ。世の中全て金なのか?残念なことだ。お寺を堪能してからポクポクと海にほど近い道を歩き、長谷からまた、意外と空いている江ノ電に乗ることに。電車にはなぜか私の属する業界で働いている若い女性達が乗っていることが多く、ついついそば耳(蕎麦耳?)を立ててしまう。昔の同僚を発見してあわてて知らんふりを決め込んだこともあった。It’s a small worldというやつだ。

それで鎌倉に戻ってゆうゆうとお蕎麦のお昼。それから足を延ばしてこれまで何度もぼんやりと通り過ぎていた宝戒寺をしっかりと。その後、やはりこれまで何度も足を運んでいる荏柄天神社の梅をがっちりと観察。報国寺までのんびりと、しかし強い日差しにじりじりと焼かれながら散歩を楽しむ。しかしなななんと、竹寺は16時で閉門とのこと。バックパックを背負ったおじいさんが、なんだか傲慢な雰囲気を漂わせながら、ぶーぶーと文句をいっているオネイサンたちを蹴散らして閉門。オジサンである私も、うなだれながら退散。オネイサンを蹴散らすおじいさんなのだから、オジサンが勝てるわけがない。すごすごと家族用のお土産を購入して帰途に就いた。

今日は収穫が少なかったようにも思うが、それでも十分満足だ。鎌倉は(多分しばらくは)どこにもいかない。だからまたちょこちょこと足を運んで、のんびりと古都時間を楽しみたいと思っている。


冒頭の写真は私のお気に入りのお寺なのだが、どこだかわかりますか?
タグ:鎌倉
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鎌倉 竹扇  せいろ大盛り 870円 [日本蕎麦]

鎌倉 竹扇  せいろ大盛り 870円

Chikusen.jpg
生まれた場所にごく近い鎌倉に未だに親近感を感じており、疲れてしまうとこのあたりを訪れることが多い。鎌倉で蕎麦、というのはあまり考えたことがないのだが、目についたお蕎麦屋さんに足を運んでみた。観光でにぎわう場所からは少し離れた、鎌倉駅西口の、市役所からほど近い、地元の方々の生活を感じさせる街角に竹扇はある。街のお蕎麦屋さん、という認識で、大変失礼ながら多くを期待せずに暖簾をくぐった。

テーブル数個に小上がりがあり、おばちゃんたちが元気よくはたらいており(Webで確認すると家族経営とのことだが、一族にあんなにたくさんおばちゃんがいるのだろうか?なんかすごいな)、地元の方の生活に溶け込んだお蕎麦屋さんそのものだ。しかしBGMに有線と思われるJazzなどが流れており(年季の入ったオーディオを現役で使っておられる)、ちょっとだけ専門店的な雰囲気も漂っている。ともあれ、私のOrderはいつでもどこでもせいろ大盛りだ。店内は幸いにしてあまり混んでいないのだが、かなり時間をかけてお蕎麦が到着。プラの角盆に四角いせいろ、蕎麦つゆは徳利に入った私が好む形で提供された。小皿にはそっけなく、輪切りのお葱と生山葵。鎌倉は自然が豊富ということもあり、双方ともに鮮度が高いようだ。そのままお酒のつまみにしたい感じ。それでお蕎麦はどうだろうか。中細でエッジが立っており、長―いお蕎麦。調理は手際よく丁寧に行われているようで、ちょうどよい茹で加減。機械打ち機械切りであることはほぼ間違いなく、二八かそれ以下のお蕎麦、、、と思ったが、意外なことに鮮烈なお蕎麦の穀物香が。おお、いい薫りだ。意外と期待できるかも。お鼻ピッタリでしばしお蕎麦の高貴な薫りを楽しませていただく。穀物の甘い薫りが長くは続かず、一瞬で終わってしまうのはナゼ?ちょっと寂しいがまあそれはいい。そのお蕎麦を数本手繰ってみると、歯ごたえ良し、歯切れはもうすこしねっちょり感があってもいいが悪くなく、喉越しも大変結構。十分満足だ。蕎麦つゆは、、、と。海沿いのお蕎麦屋さんは、カツヲがおそらく廉価に入手できるためなのだろう、出汁が強めでちょっとシャバシャバ、濃厚感とまとまり感に欠ける、といった漠然とした印象があるのだが、ここの蕎麦つゆはどうだろうか。セオリー通り出汁は強め、お醤油の発酵感と濃厚感はやはりやや薄め、甘みは少な目、まとまりは弱め、といった感じで、やはり“海岸沿いお蕎麦屋さん系”に属するようではあるが、それはそれでなかなかおいしい。ちょっとだけそのまま呑み干して、蕎麦つゆの味をじっくりと楽しんだ。お蕎麦を半分少しくらい蕎麦つゆにくぐらせることにして、あとはもう夢中で、短いが濃厚な蕎麦時間に突入した。無念無想というやつだ。あっという間に良心的な量の大盛りを平らげ、それから、別仕立てで濃厚にしつらえた、薄いポタージュ状の蕎麦つゆを全て楽しみつくしてお店を後にした。

期待を裏切る、なかなかおいしいお蕎麦だった。街の気軽なお蕎麦屋さんで行くのか、専門店で行くのか、それとも最近西口にも増えつつあるという観光客(何を見るのだろう?)を目当てにしているのか、今一つはっきりしないが、おなかがすいたらまた足を運んでもいいかな、と感じさせたお蕎麦屋さんだった。ごちそうさまでした。

その後ちょっとだけWebで調べてみると、二階には座敷があるそうな。なるほど、やはり基本は街のお蕎麦屋さんだったのね。納得納得。街のお蕎麦屋さんだけどなかなか実力もあるよ、という方向性を明確に打ち出していけばいいのかな、などと勝手に考えて自己満足。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理