So-net無料ブログ作成
検索選択
うどん ブログトップ

国分寺 甚五郎 [うどん]

10月某日
国分寺 甚五郎 肉つけうどん 合盛り750円

うどんはちょっと灰色がかり、太めで不ぞろいだが、むちむちして食べごたえがありおいしかった。蕎麦はなんだかおまけみたいで香りも味も薄っぺらでちょっと残念でした。すみません。つゆはこくがあり、肉のだしもよく効いており、おいしかった。おつゆはすこし多いかも。おつゆが多いと食事中にはねて服がよごれるのです。店は駅前の再開発のために来年3月に閉店するという。残念だ。お店の常連のおじさんたち(私も立派なおじさんですが)とお友達になる。なぜか一人で食べにきた背の高いお姉さんともお話が弾んだ。アメリカの田舎みたいなローカルな濃い人間関係を久しぶりに味わった。お店にもう少しだけ清潔感があれば、さらに良いと思った。大盛りにすれば本当に大盛りになるのはとってもいいと思う。

良い;地元に根ざした武蔵野うどん 濃い地元密着型の人間関係 フレンドリーな雰囲気、豪快な盛り
もっと良くなる;もう少しだけ清潔感を出して もう少しだけ調理を早く 女性の従業員のかたがいると良いのではないでしょうか
また行く?;Yes
総括;古くからある、駅前にある武蔵野うどんの有名店。昭和の雰囲気を売り物にしているようだ。お客さんに伺った話では、30年以上通っている方もおられるそうだ。よい悪いで語れない、地域の文化の一部になっているお店のようだ。都心では味わえない良さを持っているお店。
うどん ブログトップ