So-net無料ブログ作成

Warmoth-Moon Superwide Neck Stratocaster Revised 3 [音楽]

Warmoth-Moon Superwide Neck Stratocaster Revised 3

お返事がWarmothから来た。これはアメリカの会社のカスタマーサポートとしては例外的で、早いし、フレンドリーだし、本当に素晴らしい。アメリカにしばらく住んでみれば分かる。日本の多くの会社のように、懇切丁寧なサポートを提供している会社なんでありゃしないのだ。電話をかければ録音ばかり聞かされて延々と待たされるし、サポートの人が出てくると、おかしな英語で理解できなかったり、普通の英語をしゃべる人が担当になっても、こちらの話を聞く態度が悪かったり、切れて怒鳴りだしたり。とにかく、Warmothのサポートは一流と言ってもいいと思う。私はWarmoth社からものすごくたくさん買っているので、それが理由かもしれないけれど。いろんなことを言う人がいるけれど、私的にはお勧めの会社だ。

------------------------------------引用-----------------------------------
Hello 〇

Thank you for your question

Yes, we have the option for either an 8 Hole or 8 Hole conversion Stratocaster pickguard. You can select this option on our Stratocaster pickguard builder page which I am attaching a direct link to below for you to review this and other options available to you.
http://www.warmoth.com/Pickguard/StratPickguard.aspx

中略

If you have any questions feel free to reply to this email or to contact us by phone.
------------------------------------引用終わり---------------------------

こういった対応はよくあることで、私のメールなんてろくすっぽ読んじゃあいないのだ。オタクのPGは私のギターには合わないので、穴がないやつを売ってね、とお願いしたのだが、Webサイトをよく見てね、ときたもんだ。私は当然、あらかじめできることは全てやったうえでお願いしてるわけだ。

WebサイトからPDFを拾ってきて、印刷して、、、Warmoth.jpg

楽器をバラバラにして、PGを取り出して、PDFと実際のPGがきちんと合うかどうかを確認する。Will it fit.jpgどうも微妙にずれているような気がする。印刷の問題なのかもしれないが、これ以上の精度で比較ができるとは思えない。たぶん大丈夫だろう、という”だろ勘”に基づいて、無駄を承知でOrderしてみてもいいが(私の人生はそんなことばかりだ)、やっぱり穴が開いていない奴を手に入れて、自分で加工する方が無難そう、と判断した。

それでも十分、スバラシイ対応だと思うので丁寧にもう一度お願いしてみた。こんな感じだ
----------------------------------------------引用----------------------------------------
Hello ✕:

Thanks for your quick response.
I really appreciate it.
Sounds like we have some misunderstandings.
I mean, I want to get a pickguard WITHOUT any mounting hole.

中略


The new pickguard should be a retrofit to my old Warmoth body.
If you have an option like “no mounting holes”, that would be great.
If you do not, just let me know.

Thanks again.
-------------------------------------------------引用終わり-------------------------------

Warmothは結構沢山の商品を扱っており、OEMもたくさんやっているらしい。全般的に、商品に対する加工の細かい変更等を嫌うことが多い印象なので、穴なしのPGを売ってもらえる可能性は、どうも低そうだ。さて、どうするか。売ってもらえなかった場合はどうしようか。

PGがWarmothのものと合うかどうかを確かめるために、上記のようにギターを徹底的にバラバラにしてPGを取り出してみた。その際、細部までしげしげと眺めてみたのだが、さすがPGM製、ネジの一つにまで気を配った、スバラシイ作りをしている。木部の加工は完璧だ(木部はいにしえのWarmoth製だが)。パーツは全て選び抜かれたものであり、導電塗料もきちんと美しく塗ってあるし、内部配線も、手だれが作った真空管アンプのように綺麗にまとめ上げられている。ノイズに対する対策も、極めてリーズナブルになされているのだが、PUそれ自体がノイズに弱い性質を持っているのでどうにも仕方がない。

Warmothがいやだよーんと言ったら、もう改良はやめてしまおうか、、、。パーツを極限まで減らしても、ボディが重いのでたいして軽くはならないわけだし。

ちょっと落ち込んでいる私であった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0