So-net無料ブログ作成

Billがいなくなった-14 やってしまった USACG-Warmoth Tele [音楽]

Billがいなくなった-14 やってしまった USACG-Warmoth Tele

それで、真鍮のパイプをバイスでつぶさないようにはさんで、ぐりぐりとやすりで削りこんで先端に刃をつける。これはパイプが柔らかいので、大した仕事ではない。それから慎重に何ミリ穴をあけるかを設定して、ドリルに加えこませて、、、、折れてしまったネジ釘の周囲を掘るべし!掘るべし!
Drilling.jpg案ずるより産むがやすしとはよく言ったもので、時間はかかったが、何の問題もなく折れたねじを取り出すことができた。







この写真がドリル代わりに使った刃を付けた真鍮のパイプと、にっくき折れたねじの本体だ。途中で木部が焦げて煙が出るので、同じようなことをやろうとしている人は要注意だ。この折れネジは、呪詛の言葉を浴びせてからゴミ箱に行ってもらった。
Success.jpg











それで、これがその即席自家製ドリルであけた穴なのだが、内側が焦げていることがわかるだろうか?
Success1.jpg









それから、穴の内部を慎重にきれいにして、やりすぎるとダボがゆるゆるになってしまうのでほどほどにして、、、ダボをがっつりと挿入したのがこの写真だ。Dobel.jpg










それでそれから、あさりのないのこぎりで塗装を傷つけないようにきをつけながらダボをぎこぎこやって切る。こういうのを私は使っている。上手にできてしまった。つまり、いま太平洋をゆっくりと日本に向かっていると思われる、Rescue Kitはとりあえず無駄になったということだ。まあいい、結果良ければすべて良しとしよう。Life Saw.jpg













そしてそして、ダボの断面を平滑に、しかも周囲の塗装面からわずかにへこませるために、ダボを叩いたり、StuMacで売っている小さなのみをつかって作業する。調べてみたら、これはアメリカのお金持ちが良く楽しんでいるデコイを作るための道具のようだ。MCT.jpgともあれ、ここまではよかった。そこそこ満足のいく仕事ができたと思う。この後が大変だったんです、、、、。

to be continued



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0