So-net無料ブログ作成

Stratocaster 2019-3-10 [音楽]

Stratocaster 2019-3-10


店頭に赴いてみると、若者たちがぎゅわんギュワンと楽器を鳴らしている。音楽というよりはやはり騒音に近いのだが昔の自分の姿と思えば我慢できないこともない。近くで高そうな楽器を鳴らしている若者がおり、外套を着たまま楽器をガツンガツンと引き倒している。オヤジである私を意識している雰囲気もある。その横でゆったりとした空間をもらって、楽器を見せてもらった。

ボディの木目はあまりかわいくないのだが、ものすごく軽い。これはいわゆるスワンプアッシュだろう。ボディを叩くとかんかんと甲高い響きがするのでおそらく間違いない。比較的目の詰んだ、細めの材木からとった材料のようだ。ネックは、と。これは困った。ミネラルが入り込んでいて模様のようになってしまっている。知る限りこのような見かけのネックは、あまり米国では好まれない。昨日には遜色ないが、値段を抑えて売られていることが多いのだ。さらに、このネックは板目で木取りしてあるのだが、なんとうっすらと虎が入っているではないか。私にとって、これは不安定の印なのであまり嬉しいことではない。しかしねじれたりはしていないのでまあ問題ないだろう。

木部の加工はさすがのクヲリティで、全く問題ない。しかしネックが僅かに順反りしていること、本物の50年代物によくあるようにPGが既に浮いてしまっており、PUがやや浮いてしまっていること、ネックの調整が悪いので、弾いてみても全体に響きが悪く、“Magic”のようなものを感じないこと、、、。どうしようか。しかし傷が入っていなければ買ってしまおう、あとはどのようにでも自分で調整するから、とまで考えて楽器屋まで行ったのだから、もう買うしかないだろう、エイ買ってしまえ、買ってしまった。どうせ20万足らずのお金だ、お金で済むことなんだ、、、なんといい加減な奴なのだろうか我ながら。

正直な話、傷さえなければ某大手量販店から送ってきた個体の方が出来がいいとさえ思った。自宅に帰り、早速ネックを外して調整だ。買ったその日にばらすというのもどうなんだろう。ネックはきっちりとボディにはまっており、ポケットの加工精度は申し分がない。流石は国産だ。しかしラッカーが渇ききる前に組み上げてしまったようで、ネックとボディが接触する面のラッカーが荒れてしまっているのが気に入らなかった。木材の水分管理の問題もあるのかもしれない。それで調整して組み上げて、弦を張り替えてみた。翌朝チェックしてみると、ネックはまだまっすぐにはなってはいないもののかなり修正されており、弦高もずいぶんと下がった。挽いてみるとトレモロを生かしたStrato特有のしっとりとした弾き心地であり、新品なのにボディが軽いだけあってビンビンと全体が鳴る。チューナーを付けると共振してしまってチューニングができないほどだ。もう少し様子を見ないとホントの実力はわからないけれど、とりあえず自分の実力に見合ったStratoを手に入れることはできたと思う。

某通販大手の品質管理は必ずしも最高ではないが、レトロで見てみると、値段に見合ったサービスであると言えないこともない。細かいことが気にならない方であれば、某通販大手から楽器を買っても問題となることはあまりないのではないか。今後直輸入の楽器を買うようなことがあれば、またチャレンジしてみようとさえ考えている。

とりあえず、私の久しぶりのStratoのお話はおしまいだ。

タグ:stratocaster
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。